第250回:次世代プレイモビリティーでハイスコアを狙え
メガウェブ「ウィングレットチャレンジ」体験記

2014.07.18 エッセイ

トヨタが「次世代プレイモビリティー」と位置づける1人乗りの電動二輪車「Winglet(ウィングレット)」を使った、ゲーム感覚のアトラクション「Winglet Challenge(ウィングレットチャレンジ)」が2014年7月18日、東京・お台場の「MEGA WEB(メガウェブ)」にオープンした。

「アソビークル!」で挑戦

ウィングレットチャレンジとは、ウィングレットに乗って特設のコースを走行し、決められたチェックポイントをできるだけ早く正確に通り抜けるアトラクションだ。
このウィングレットチャレンジを一足先に体験することができたので、紹介しよう。

まず、ウィングレットとは何ぞや。2008年にトヨタが発表したパーソナルモビリティーで、立って乗る電動二輪車だ。要するに、「セグウェイ」的な乗り物のことである。
お台場のメガウェブにオープンしたウィングレットチャレンジは、床面にLEDが埋められた7m×7mのコースを、ウィングレットを操りながらポイントを競うゲームだ。
身長140~185cm、体重30〜90kgの人なら運転免許を持っていなくても挑戦できる。
「アソビークル!」というキャッチコピーが付けられたウィングレットは、子どもからお年寄りまで、誰でも自由に体重移動で操縦できるように作られている。

早速私もウィングレットに挑戦してみた。
まずはインストラクターが、優しく乗り方を教えてくれる。
目の前のウィングレットは、モーターとタイヤのついた車体とハンドルからなっている。足を乗せる部分の面積は家にある体重計よりさらに小さいくらいで、高さは駅の階段1段分程度だ。そこから真っすぐに伸びるハンドルは、ちょうど大人が肘を曲げたくらいの高さにある。
以前セグウェイやホンダの「UNI-CUB」を体験した経験から、この手の乗り物はビクビクせずに「エイヤッ」と乗ってしまうのがいいはずだと思い、極力体の力を抜いてウィングレットに身を任せた。
それでもやはり緊張してしまうもので、ハンドルを握る手や、膝の裏あたりがピクピクしている。平常心、平常心と心の中で唱えながら、インストラクターの指示に従う。

「メガウェブ」にオープンしたアトラクション「ウィングレットチャレンジ」。
「ウィングレット」に乗ってハイスコアを目指すゲームだ。
ハンドルには、降車の際に使用するボタンが一つあるのみ。操作はいたってシンプルだ。
ステップの下にはモーターとタイヤが隠れている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ