第441回:コージの勝手に“モーターショー論” ショーは“都市力”、クルマは“カルチャー”なのだ!!

2011.12.09 エッセイ

第441回:コージの勝手に“モーターショー論”ショーは“都市力”、クルマは“カルチャー”なのだ!!

東京ビッグサイトに場所を移して開催された、2011年の東京モーターショー。そこで小沢コージが感じたこととは?

ひとまずは大成功でしょ!

風向きがやっと追い風になってきたというか、まずは大成功の予感ですな。「東京モーターショー2011」!

わかりやすいところでは、入場者数だ。一般公開がスタートした12月3日から数えて、週末はほぼ10万人/日ペース。特に4日の日曜日は11万2500人とピークを記録した。
その後の平日は6万人を超えるペースで、なか日の水曜日は7万人を突破、木曜までの時点で計51万3200人! このまま土日の両日で10万人オーバーとなると、プレスデイも含めた10日間での大台100万人突破も見えてくる。全盛期の“1日平均10万人”に並ぶわけで、まあ成功。いや、クルマ離れと不況を考えると、これは“大成功”でしょう!

だが、俺が驚いたのは数字よりもその中身だ。プレスデイの2日間と週末の土曜日、さらに平日の火水に行った感じからすると、“幕張時代”とは客層がガラリと変わっていることに気付く。

まず、「カメラ小僧」が圧倒的に少ない。これは、昔のように美貌と露出だけを押し出すようなコンパニオンが減っているのと同時に、一部メーカーが女性だけの撮影を断っているからのよう。一方で、普通のカップルやファミリー、年配のお客さんが確実に多いのだ。

いくつかゲリラ的にコメントを取ったところ「むかし、晴海時代はよく行ってたんだけどね」という、年配に多い“リターン派”と、「え? 何でって……まぁ、取りあえず行ってみようかなと思って」という“なんとなく派”が多い。なかには、「モーターショーは初めて」という人もいたけれど。

つまり、フツーにフツーの人が来ているのだ。特別マニアックなクルマ好きでもなんでもない、フツーにクルマに乗る人だ。

第441回:コージの勝手に“モーターショー論” ショーは“都市力”、クルマは“カルチャー”なのだ!!
『ドラえもん』のキャラクターに、ちびっ子も大喜び? トヨタのブース。
第441回:コージの勝手に“モーターショー論” ショーは“都市力”、クルマは“カルチャー”なのだ!!
こちらもトヨタブースでのひとこま。ぶ厚い人垣で、ステージは全く見えず……!
第441回:コージの勝手に“モーターショー論” ショーは“都市力”、クルマは“カルチャー”なのだ!!
過去のショーに比べ、家族連れの姿が目立った第42回東京モーターショー。三菱のブースから。
第441回:コージの勝手に“モーターショー論” ショーは“都市力”、クルマは“カルチャー”なのだ!!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』