マツダ・デミオ プロトタイプ(SKYACTIV-G 1.3搭載車/SKYACTIV-D 1.5搭載車)

小さなデミオの大きな変身 2014.07.18 試乗記 “フルスカイアクティブ”かつ「魂動(こどう)」デザインが採用された、マツダの新世代商品の第4弾、新型「デミオ」がいよいよわれわれの目の前に現れた。その走りはいかに? プロトタイプを伊豆のクローズドコースで試した。

5ナンバー枠に収まる

ところは静岡県伊豆市にある日本サイクルスポーツセンター。普段は自転車専用のサーキットとして使われている、起伏に富んだ一周5kmのクローズドコースが、新型デミオ プロトタイプ試乗の舞台だ。

この日、用意された試乗車は8台。新開発の1.5リッターディーゼルエンジン搭載車も、改良を受けてパワーが強化された1.3リッターガソリンエンジン搭載車もある。しかも、それぞれのエンジンにATとMTが設定されており、そのどちらにも乗れるという。新型デミオの全容が見渡せる、至れり尽くせりの試乗会である。

まずはスタイリングを見ていこう。マツダのスタッフによれば、「プロトタイプなので、ヘッドランプやリアコンビランプの内部形状などに異なる部分があります」とのことだが、その小さな違い以外は、事実上、量産型と同じと考えていいようだ。

2014年3月のジュネーブショーで公開された「マツダ跳(HAZUMI)」のイメージをかなり忠実に引き継いでいるように見えるボディーの寸法は全長4060×全幅1695×全高1500mm。つまり、5ナンバーに収まっている。さすが、と言いたいところだが、「フィット」にしろ「ヴィッツ」にしろ「アクア」にしろ「ノート」にしろ日本のBセグメントカーはどれも1695mmで踏みとどまっており、1.7mのハードルを跳び越えたクルマはない(クロスオーバーならあるが)。デミオがすごいのは、この魂動デザインのリッチな面構成にして、不自然な処理なく5ナンバーに収めた作り手の執念だろう。

その代わり、ではないけれど、全長は大胆に伸びた。160mmも延長されて4mを超えた。新型はもう「3m以上、4m未満」には分類されない。帰省でカーフェリーを使う人には、ちょっと残念なお知らせに違いない。

伊豆市の日本サイクルスポーツセンターが試乗の舞台。高低差約100mの“山岳コース”である。
伊豆市の日本サイクルスポーツセンターが試乗の舞台。高低差約100mの“山岳コース”である。
同じ「魂動(こどう)」デザインでも、「アテンザ」「アクセラ」「デミオ」では表現上のテーマが違う。全長が短いデミオでは「凝縮したエネルギーを解放する動き」を表現しているという。
同じ「魂動(こどう)」デザインでも、「アテンザ」「アクセラ」「デミオ」では表現上のテーマが違う。全長が短いデミオでは「凝縮したエネルギーを解放する動き」を表現しているという。
コンセプトカーの「マツダ跳(HAZUMI)」のイメージをかなり忠実に量産化しているように見える。全幅は1695mmに抑えられているが、全長は4m超えた。
コンセプトカーの「マツダ跳(HAZUMI)」のイメージをかなり忠実に量産化しているように見える。全幅は1695mmに抑えられているが、全長は4m超えた。
ヘッドランプは「獣の目」を表現したという。
ヘッドランプは「獣の目」を表現したという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る