ルノー・メガーヌ ハッチバックGT220(FF/6MT)

古き良きホットハッチ 2014.07.24 試乗記 ルノー・スポールが手がける「メガーヌGT220」シリーズに、ハッチバックモデルが追加された。6段MTを搭載するマニアックなこのクルマの魅力に迫る。

ついにハッチバックが登場

午前5時15分。東京はるか郊外にある住宅地の坂の途中に、その鮮烈なブルーの「メガーヌ ハッチバックGT220」は停車していた。こんなに早朝に、こんなに遠くまで、『webCG』編集部のひとが迎えに来てくれたのだった。見慣れたユルい景観がいつもと違うように感じられた。単に早朝だから、というだけではない。GT220に込められたレーシングテクノロジーが大気を引き締めるオーラを発しているのだ。

開発を担当したのは、1975年に設立されたルノーのスポーツ部門、ルノー・スポールである。現在はF1以外のモータースポーツ活動と、市販車の高性能モデルの開発を担う、スペシャリスト集団である。

ルノーは、ホットハッチの皇帝、「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に対抗するモデルを必要としていた。そこで、265psを発生する「メガーヌR.S.(Renault Sport)」の2リッターターボエンジンを220psと仕立て直し、ハッチバックとエステートに搭載して、グランツーリスモを名乗らせた。

日本市場にGTが上陸したのは、2012年7月のことである。ただし、それは最高出力180psで、エステートのみ、左ハンドルで、6段マニュアル、おまけに限定60台という少数だった。これがかえってマニア心をくすぐった。ルノー・スポールが手がけた高性能モデルにして、エステート=ワゴンボディーという実用性を兼ね備えている。しかも左ハンドルで、マニュアル! 待ってました、大統領! といわんばかりに、60人のルノーマニアのもとへと瞬く間に巣立っていった。

ニッチなマーケットはいまも確実に存在する。そう確信したルノー・ジャポンは、220psにパワーアップしてGT220となったのを機に、エステートのみカタログ・モデルとして発売する、と発表した。これが昨年4月のことだ。そして本年6月、本国にはもともとあった5ドアハッチバックのGT220も極東の島国に上陸させる英断を下した。これからご紹介するのは、本邦初登場のハッチバックのほうである。

「メガーヌ ハッチバックGT220」に搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。220psと34.7kgmを発生する。
「メガーヌ ハッチバックGT220」に搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。220psと34.7kgmを発生する。

ルノー・メガーヌ ハッチバックGT220(FF/6MT)【試乗記】の画像

ルノー・メガーヌ ハッチバックGT220(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る