また顔が変わった「フィアット・プント」【ボローニャモーターショー2011】

2011.12.08 自動車ニュース

【ボローニャモーターショー2011】また顔が変わった「フィアット・プント」

伊フィアットは、「プント」にマイナーチェンジを施し、第36回ボローニャモーターショー(一般公開日:2011年12月3日〜11日)で公開した。また、2気筒のツインエアエンジン搭載車も出展した。

マイナーチェンジを受けて変わった箇所は、まずフロント部のデザイン。従来型の「プント エヴォ」には黒いフロントバンパーが装着されていたが、新型ではボディー同色となり、デザインも変更された。また、新たに3色(ターコイズ、ルビーレッド、グラファイトグレイ)のボディーカラーが加わり、新デザインの15インチホイールが登場。さらに、インテリアカラーに「スポーテックス」と呼ばれるグレーと黒の2トーンのクロスを使用した仕様が設定された。

そして今回のマイナーチェンジを機に、「フィアット500」に搭載されている0.9リッター直2ツインエアターボエンジン搭載車が設定された。85ps/5500rpmと14.8kgm/2000rpmを発生し、CO2排出量は98g/kmと発表されている。

この新しいプントは、欧州市場では2012年早々にも販売が始まる予定という。

(webCG 竹下)

第36回ボローニャモーターショーにおける“新生プント”発表の様子。
第36回ボローニャモーターショーにおける“新生プント”発表の様子。

また顔が変わった「フィアット・プント」【ボローニャモーターショー2011】の画像

また顔が変わった「フィアット・プント」【ボローニャモーターショー2011】の画像

また顔が変わった「フィアット・プント」【ボローニャモーターショー2011】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ルノー・ジャポン、アルピーヌの販売を発表 2017.6.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月1日、アルピーヌブランドのニューモデルについて、日本における輸入販売事業を行うと発表した。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場 2017.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、オープン2シーター「メルセデス・ベンツSLC」の特別仕様車「SLC180スポーツ RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る