スカイラインクロスオーバーの装備がさらに充実

2014.07.22 自動車ニュース
「日産スカイラインクロスオーバー」(写真はクリスタルホワイトパールのモデル)
「日産スカイラインクロスオーバー」(写真はクリスタルホワイトパールのモデル)

「日産スカイラインクロスオーバー」の装備がさらに充実

日産自動車は、「スカイラインクロスオーバー」の装備を見直し、2014年7月22日に発売した。

(写真のボディーカラーはブリリアントシルバー)
(写真のボディーカラーはブリリアントシルバー)
(写真のボディーカラーはスーパーブラック)
(写真のボディーカラーはスーパーブラック)
(写真のボディーカラーはダークメタルグレー)
(写真のボディーカラーはダークメタルグレー)

スカイラインクロスオーバーは、クーペとSUVの融合から生まれたという、日産のクロスオーバーモデル。
今回、これまでオプション扱いだった電動ガラスサンルーフとルーフレールが、全車に標準装備となった。さらに、ボディーカラーのラインナップが見直され、クリスタルホワイトパール、ブリリアントシルバー、スーパーブラック、ダークメタルグレーの4色展開(いずれも、すり傷やひっかき傷を時間とともに修復する“スクラッチシールド”仕様)になった。

価格は、以下の通り。
・370GT Type P:518万4000円
・370GT:447万1200円
・370GT FOUR Type P:546万4800円
・370GT FOUR:475万2000円

(webCG)

関連キーワード:
スカイラインクロスオーバー日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
ホームへ戻る