日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)

乗ればやっぱり「スカイライン」 2014.07.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。

エンジンはドイツ製

V6・3.5リッターハイブリッドのみだった新型スカイラインにメルセデス製2リッター4気筒モデルが加わった。スカイラインにベンツのエンジン!? 13代を重ねる“スカイライン史上”においては驚天動地のニュースかもしれないが、「インフィニティQ50」の右ハンドル日本仕様という実態からすれば、予定の行動だ。2010年にルノー日産アライアンスとダイムラーAGとのあいだで結ばれた協業契約の結実である。ヨーロッパ向けのインフィニティQ50には、ひと足先にメルセデスの2.2リッターディーゼルが搭載されている。

「GT-t」というどこかなつかしいモデル名の“メルセデス・スカイライン”に載るのは、燃焼方式のわずかな違いを除くと「E250」と同じ直噴2リッター4気筒ターボである。211psのパワーも35.7kgmのトルクも同値。トルクの発生回転数だけが日本仕様のE250とは微妙に異なる。以前からメルセデスが仕向け地によって使い分けている仕様と聞いた。このエンジンのQ50は北米と中国をメインターゲットにする。

メルセデスの7段ATと組み合わされたエンジンは、パレットに載せられてコンテナで栃木工場に運び込まれる。新型スカイラインのカタログにはメルセデスのメの字もないが、エンジンとクルマとのマッチングにあたっては、週に一度の電話会議から、ヨーロッパでの数度にわたる実走テストまで、日産とメルセデスとのあいだで共同開発に近いやりとりが行われたという。

「スカイライン」としては「R32」世代以来の復活となる4気筒エンジン。基本的には「メルセデス・ベンツEクラス」や「Cクラス」に搭載されているものと共通で、211psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生する。
インテリアのデザインはハイブリッド車と共通。センターコンソールにはカーナビゲーションの画面に加え、インフォテインメントシステムなどの操作に用いるタッチスクリーンが備わっている。
ボディーカラーはハイブリッド車と同じく全8色の設定。テスト車には4万3200円のオプションカラーである「HAGANEブルー」が採用されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る