ホームラン王・山﨑武司が「86」でレースに挑戦

2014.07.23 自動車ニュース
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦する山﨑武司氏。
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦する山﨑武司氏。
    拡大

ホームラン王・山﨑武司が「トヨタ86」でレースに挑戦

2014年7月23日、元プロ野球選手の山﨑武司氏が、ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦するのに当たり、東京・台場で発表記者会見を行った。

記者発表会で登壇する山﨑氏(右)と、プロデューサー兼コーチのレーサー鹿島氏(左)。
記者発表会で登壇する山﨑氏(右)と、プロデューサー兼コーチのレーサー鹿島氏(左)。
    拡大
「一番の問題はドライバーのウェイト。今、112~3kgぐらいありますから」と語る山﨑氏。
「一番の問題はドライバーのウェイト。今、112~3kgぐらいありますから」と語る山﨑氏。
    拡大
カーナンバーは、プロ野球時代の背番号と同じ7番となっている。
カーナンバーは、プロ野球時代の背番号と同じ7番となっている。
    拡大

ホームラン王・山﨑武司が「86」でレースに挑戦の画像 拡大

山﨑氏は1986年にドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。それ以後、オリックス・ブルーウェーブ、東北楽天ゴールデンイーグルス、2012年からは再び中日ドラゴンズと、セントラルリーグ、パシフィックリーグ双方の球団に所属し、両リーグでホームラン王を獲得するなど2013年まで活躍を続けていた。

一方で、スーパーカーを自ら運転して球場に通い、またミニカーを5000台所有するなど、球界屈指のクルマ好きとしても知られている。

この日できたばかりというレーシングスーツを着て登壇した山﨑氏は、今回のワンメイクレース参戦について、「野球のユニフォームもそうだが、レーシングスーツは戦闘服。戦う気分がわいてきた」と意気込みをコメント。「周囲のドライバーからは『自分を忘れずに走れ』というアドバイスをもらったので、冷静に走ることを肝に銘じて本番に臨みたい」「スポーツはまず楽しむことが大事だが、今まではプロだったのでなかなか楽しめなかった。(レースでは)マナーを守り、事故をせず、サポートしてくれる方々に敬意を払い、終わったら『今日は良かったね』とほめられるようなレースをしたい」と述べた。

なお、山﨑氏はブレーキパーツメーカーであるプロジェクトミューの社内チーム「CABANA RACING with P.MU(カバナレーシング・ウィズ・プロジェクトミュー)」からレースに出場。通年で参戦する山野直也選手とともに、7月26日に富士スピードウェイで開催される第6戦、同じく富士で9月20日と21日に開催される第7戦、11月8日と9日に鈴鹿サーキットで開催される第10戦に、スポット参戦する予定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
86BRZトヨタスバルモータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • 谷口信輝の新車試乗――トヨタ86 GR(前編) 2018.5.3 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回のお題は、スペシャルチューンが施されたトヨタのFRスポーツカー「86 GR」。86に造詣の深い、プロフェッショナルの反応は……?
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る