ホームラン王・山﨑武司が「86」でレースに挑戦

2014.07.23 自動車ニュース
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦する山﨑武司氏。
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦する山﨑武司氏。

ホームラン王・山﨑武司が「トヨタ86」でレースに挑戦

2014年7月23日、元プロ野球選手の山﨑武司氏が、ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦するのに当たり、東京・台場で発表記者会見を行った。

記者発表会で登壇する山﨑氏(右)と、プロデューサー兼コーチのレーサー鹿島氏(左)。
記者発表会で登壇する山﨑氏(右)と、プロデューサー兼コーチのレーサー鹿島氏(左)。
「一番の問題はドライバーのウェイト。今、112~3kgぐらいありますから」と語る山﨑氏。
「一番の問題はドライバーのウェイト。今、112~3kgぐらいありますから」と語る山﨑氏。
カーナンバーは、プロ野球時代の背番号と同じ7番となっている。
カーナンバーは、プロ野球時代の背番号と同じ7番となっている。

ホームラン王・山﨑武司が「86」でレースに挑戦の画像

山﨑氏は1986年にドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。それ以後、オリックス・ブルーウェーブ、東北楽天ゴールデンイーグルス、2012年からは再び中日ドラゴンズと、セントラルリーグ、パシフィックリーグ双方の球団に所属し、両リーグでホームラン王を獲得するなど2013年まで活躍を続けていた。

一方で、スーパーカーを自ら運転して球場に通い、またミニカーを5000台所有するなど、球界屈指のクルマ好きとしても知られている。

この日できたばかりというレーシングスーツを着て登壇した山﨑氏は、今回のワンメイクレース参戦について、「野球のユニフォームもそうだが、レーシングスーツは戦闘服。戦う気分がわいてきた」と意気込みをコメント。「周囲のドライバーからは『自分を忘れずに走れ』というアドバイスをもらったので、冷静に走ることを肝に銘じて本番に臨みたい」「スポーツはまず楽しむことが大事だが、今まではプロだったのでなかなか楽しめなかった。(レースでは)マナーを守り、事故をせず、サポートしてくれる方々に敬意を払い、終わったら『今日は良かったね』とほめられるようなレースをしたい」と述べた。

なお、山﨑氏はブレーキパーツメーカーであるプロジェクトミューの社内チーム「CABANA RACING with P.MU(カバナレーシング・ウィズ・プロジェクトミュー)」からレースに出場。通年で参戦する山野直也選手とともに、7月26日に富士スピードウェイで開催される第6戦、同じく富士で9月20日と21日に開催される第7戦、11月8日と9日に鈴鹿サーキットで開催される第10戦に、スポット参戦する予定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ86に特別なオレンジ色の限定車登場 2016.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月14日、「86」に特別仕様車「GT“ソーラーオレンジリミテッド”」を設定したと発表した。合わせて86の「GT」グレードに「GT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”」を追加設定した。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る