GAZOOから気軽にレースを楽しめる新プログラム

2014.07.24 自動車ニュース
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の様子。

GAZOO Racingが気軽にレースを楽しめる新プログラムを発表

トヨタのGAZOO Racingは2014年7月23日、一般ユーザーのモータースポーツへの参加をサポートする「GAZOO Racingチャレンジプログラム」を発表した。

記者発表会で「GAZOO Racingチャレンジプログラム」について説明するレーシングドライバーの井口卓人選手。
今回のプログラムには、サーキット走行の基礎などを学ぶドライビングレッスンも含まれている。

今回発表されたのは、ナンバー付きの「トヨタ86」「スバルBRZ」で行われるワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」向けのプログラムであり、7月24日に申し込み受け付けを開始する。

内容はレースへの参加に関わるサポート全般となっており、競技車両やタイヤなどの消耗品やメカニックはいずれも事務局が手配する。競技車両の保険も用意されており、ドライバーはフルフェイスヘルメットやレーシングスーツなど身の回りの装備品を準備するだけで、レースに参加することができる。

また、プログラムには「GAZOO Racingスポーツドライビングレッスン」(1回)も含まれており、参加者はスポーツ走行の基礎などを学んだうえで、レースに出場することとなる。

対象となるレースは、第7戦(9月6日・7日:岡山国際サーキット)、第8戦(9月20日・21日:富士スピードウェイ)、第9戦(10月12日:オートポリス)第10戦(11月8日・9日:鈴鹿サーキット)の4レースで、参加枠は各回につき2人。2014年の定員は合計8人となっている。

応募条件は、年齢21歳以上でJAF公認レース未経験者、サーキット走行経験者のみ。参加費用は42万8760円(消費税8%込み)。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ86に特別なオレンジ色の限定車登場 2016.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月14日、「86」に特別仕様車「GT“ソーラーオレンジリミテッド”」を設定したと発表した。合わせて86の「GT」グレードに「GT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”」を追加設定した。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る