GAZOOから気軽にレースを楽しめる新プログラム

2014.07.24 自動車ニュース
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の様子。
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の様子。 拡大

GAZOO Racingが気軽にレースを楽しめる新プログラムを発表

トヨタのGAZOO Racingは2014年7月23日、一般ユーザーのモータースポーツへの参加をサポートする「GAZOO Racingチャレンジプログラム」を発表した。

記者発表会で「GAZOO Racingチャレンジプログラム」について説明するレーシングドライバーの井口卓人選手。
記者発表会で「GAZOO Racingチャレンジプログラム」について説明するレーシングドライバーの井口卓人選手。
    拡大
今回のプログラムには、サーキット走行の基礎などを学ぶドライビングレッスンも含まれている。
今回のプログラムには、サーキット走行の基礎などを学ぶドライビングレッスンも含まれている。
    拡大

GAZOOから気軽にレースを楽しめる新プログラムの画像 拡大

今回発表されたのは、ナンバー付きの「トヨタ86」「スバルBRZ」で行われるワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」向けのプログラムであり、7月24日に申し込み受け付けを開始する。

内容はレースへの参加に関わるサポート全般となっており、競技車両やタイヤなどの消耗品やメカニックはいずれも事務局が手配する。競技車両の保険も用意されており、ドライバーはフルフェイスヘルメットやレーシングスーツなど身の回りの装備品を準備するだけで、レースに参加することができる。

また、プログラムには「GAZOO Racingスポーツドライビングレッスン」(1回)も含まれており、参加者はスポーツ走行の基礎などを学んだうえで、レースに出場することとなる。

対象となるレースは、第7戦(9月6日・7日:岡山国際サーキット)、第8戦(9月20日・21日:富士スピードウェイ)、第9戦(10月12日:オートポリス)第10戦(11月8日・9日:鈴鹿サーキット)の4レースで、参加枠は各回につき2人。2014年の定員は合計8人となっている。

応募条件は、年齢21歳以上でJAF公認レース未経験者、サーキット走行経験者のみ。参加費用は42万8760円(消費税8%込み)。

(webCG)
 

関連キーワード:
86BRZトヨタスバルモータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 全身ブラック仕立ての「BMW M2クーペ」が100台限定発売 2018.5.23 自動車ニュース BMWジャパンは2018年5月22日、「BMW M2クーペ」に特別仕様車「エディションブラックシャドウ」を設定し、注文受け付けを開始した。100台の台数限定販売で、納車は同年7月以降となる予定。
ホームへ戻る