GAZOOから気軽にレースを楽しめる新プログラム

2014.07.24 自動車ニュース
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の様子。
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の様子。

GAZOO Racingが気軽にレースを楽しめる新プログラムを発表

トヨタのGAZOO Racingは2014年7月23日、一般ユーザーのモータースポーツへの参加をサポートする「GAZOO Racingチャレンジプログラム」を発表した。

記者発表会で「GAZOO Racingチャレンジプログラム」について説明するレーシングドライバーの井口卓人選手。
記者発表会で「GAZOO Racingチャレンジプログラム」について説明するレーシングドライバーの井口卓人選手。
今回のプログラムには、サーキット走行の基礎などを学ぶドライビングレッスンも含まれている。
今回のプログラムには、サーキット走行の基礎などを学ぶドライビングレッスンも含まれている。

GAZOOから気軽にレースを楽しめる新プログラムの画像

今回発表されたのは、ナンバー付きの「トヨタ86」「スバルBRZ」で行われるワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」向けのプログラムであり、7月24日に申し込み受け付けを開始する。

内容はレースへの参加に関わるサポート全般となっており、競技車両やタイヤなどの消耗品やメカニックはいずれも事務局が手配する。競技車両の保険も用意されており、ドライバーはフルフェイスヘルメットやレーシングスーツなど身の回りの装備品を準備するだけで、レースに参加することができる。

また、プログラムには「GAZOO Racingスポーツドライビングレッスン」(1回)も含まれており、参加者はスポーツ走行の基礎などを学んだうえで、レースに出場することとなる。

対象となるレースは、第7戦(9月6日・7日:岡山国際サーキット)、第8戦(9月20日・21日:富士スピードウェイ)、第9戦(10月12日:オートポリス)第10戦(11月8日・9日:鈴鹿サーキット)の4レースで、参加枠は各回につき2人。2014年の定員は合計8人となっている。

応募条件は、年齢21歳以上でJAF公認レース未経験者、サーキット走行経験者のみ。参加費用は42万8760円(消費税8%込み)。

(webCG)
 

関連キーワード:
86BRZトヨタスバルモータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る