マツダ・デミオ 開発者インタビュー

ベーシックカーだからといって“出し惜しみ”はしない 2014.07.24 試乗記 マツダ
商品本部
主査
土井 歩(どい あゆむ)さん

新型「デミオ」を開発するうえでのチャレンジ、それはひとことでいうなら「クラス概念を打ち破る」ことだったという。全長4mの「魂動(こどう)」に込めた思いを開発者に聞いた。

SKYACTIVを積んだドライビングマシン

――ボディーは5ナンバーサイズを維持しましたね。

「デミオ」はマツダにとって日本国内における最量販車種であり、顧客基盤を構築する非常に重要なプロジェクトです。マツダグループ全体の「源泉」となるクルマですから、やはり5ナンバーの枠内で作ることは外せなかったのです。

――魂動デザインという、場合によっては室内が狭くなる可能性があるデザイン言語をBセグメントカーに採用することについて、議論はありましたか。

われわれが今、マツダというブランドを立てて、「走り」の部分をきっちり訴えていこうとする場合、いったいどういう形がふさわしいでしょうか。いわゆる“ワンモーションフォルム”の、荷物がたくさん積めるようなクルマがふさわしいかといえば、決してそうではないと思うのです。「SKYACTIVを積んだドライビングマシン」というイメージを伸ばすべきではないか? そう考えて、この方向性を選びました。

――実用性は従来型と比較してどれくらい向上しているのでしょうか。

現行型のお客さまには、ぜひ新型に乗り換えていただきたいし、そうしたとき、お客さまから「室内が狭い」と不満が出るようではだめなので、荷室や後席のスペースを割り切るということはしていません。現行型のお客さまから不満が出ないのは当然のことと考え、従来型で達成したレベルを絶対に割り込まないようにしました。また、スペースだけでなく、より使いやすくするとか、乗り降りしやすくするとか、そういう改善にも注意を払って開発してきました。他のコンパクトカーとは勝負の軸足がずれている……。新型デミオは、もしかするとそんなふうに見えるかもしれません。


マツダ・デミオ【開発者インタビュー】の画像
スリーサイズは全長4060×全幅1695×全高1500mm。5ナンバー枠に収まっている。
スリーサイズは全長4060×全幅1695×全高1500mm。5ナンバー枠に収まっている。
新型「デミオ」の室内(写真は1.3ガソリン+5MT仕様)。
新型「デミオ」の室内(写真は1.3ガソリン+5MT仕様)。
現行型のオーナーから不満の出ないスペースであること、なおかつより使いやすいことが新型のテーマという。
現行型のオーナーから不満の出ないスペースであること、なおかつより使いやすいことが新型のテーマという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る