マツダ・デミオ 開発者インタビュー

ベーシックカーだからといって“出し惜しみ”はしない 2014.07.24 試乗記 マツダ
商品本部
主査
土井 歩(どい あゆむ)さん

新型「デミオ」を開発するうえでのチャレンジ、それはひとことでいうなら「クラス概念を打ち破る」ことだったという。全長4mの「魂動(こどう)」に込めた思いを開発者に聞いた。

SKYACTIVを積んだドライビングマシン

――ボディーは5ナンバーサイズを維持しましたね。

「デミオ」はマツダにとって日本国内における最量販車種であり、顧客基盤を構築する非常に重要なプロジェクトです。マツダグループ全体の「源泉」となるクルマですから、やはり5ナンバーの枠内で作ることは外せなかったのです。

――魂動デザインという、場合によっては室内が狭くなる可能性があるデザイン言語をBセグメントカーに採用することについて、議論はありましたか。

われわれが今、マツダというブランドを立てて、「走り」の部分をきっちり訴えていこうとする場合、いったいどういう形がふさわしいでしょうか。いわゆる“ワンモーションフォルム”の、荷物がたくさん積めるようなクルマがふさわしいかといえば、決してそうではないと思うのです。「SKYACTIVを積んだドライビングマシン」というイメージを伸ばすべきではないか? そう考えて、この方向性を選びました。

――実用性は従来型と比較してどれくらい向上しているのでしょうか。

現行型のお客さまには、ぜひ新型に乗り換えていただきたいし、そうしたとき、お客さまから「室内が狭い」と不満が出るようではだめなので、荷室や後席のスペースを割り切るということはしていません。現行型のお客さまから不満が出ないのは当然のことと考え、従来型で達成したレベルを絶対に割り込まないようにしました。また、スペースだけでなく、より使いやすくするとか、乗り降りしやすくするとか、そういう改善にも注意を払って開発してきました。他のコンパクトカーとは勝負の軸足がずれている……。新型デミオは、もしかするとそんなふうに見えるかもしれません。


マツダ・デミオ【開発者インタビュー】の画像
スリーサイズは全長4060×全幅1695×全高1500mm。5ナンバー枠に収まっている。
スリーサイズは全長4060×全幅1695×全高1500mm。5ナンバー枠に収まっている。
新型「デミオ」の室内(写真は1.3ガソリン+5MT仕様)。
新型「デミオ」の室内(写真は1.3ガソリン+5MT仕様)。
現行型のオーナーから不満の出ないスペースであること、なおかつより使いやすいことが新型のテーマという。
現行型のオーナーから不満の出ないスペースであること、なおかつより使いやすいことが新型のテーマという。
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る