「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

2014.07.23 自動車ニュース
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)

「日産フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

日産自動車は2014年7月23日、マイナーチェンジを施した「フェアレディZ NISMO」を発表した。7月25日から販売を開始する。

フェアレディZ NISMOは、日産のモータースポーツ活動を担うニスモが、そのノウハウを生かして「フェアレディZ」をベースに開発したチューンドカーだ。
今回のマイナーチェンジでは、最新のニスモデザインアイデンティティーを基にエクステリアデザインを刷新。ボディーパーツを変更することで車体前後のダウンフォースバランスを最適化し、高速域におけるハンドリング性能を向上させたという。
インテリアでは、中高速域における優れたホールド性をうたう「NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート」が新しい。

具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】
・ニスモレッドアクセントを配した専用バンパー、サイドシルプロテクター
・新デザインのレイズ製アルミ鍛造ホイール
・リアスポイラー
・専用LEDハイパーデイライト
・ブラック加飾のヘッドライトインナー
・NISMO エンブレム(フロント)

【インテリア】
・NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート
・ブラックアウト加飾
・レッド加飾を施したスターターボタンフィニッシャー
・NISMOエンブレム(センターコンソール)

これにあわせて、上記フェアレディZ NISMOを除く基準車(フェアレディZ)の一部仕様も変更された。
タイヤ構造、リアエンジンマウント、防音材の改良により、チッピング音、ロードノイズ、加速時のノイズを軽減。さらに、リアサスペンションの改良により、日常域での乗り心地が向上。ステアリング制御やステアリングギアバルブの変更により、取り回し性のアップや、軽快なハンドリングの実現も図られている。
その他の変更点(フェアレディZ NISMOを除く)は、以下の通り。

•「シンクロレブコントロール」を標準化(フェアレディZのMT車<クーペ、ロードスター>)
• 18インチアルミホイールをガンメタリックに変更(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>、ロードスター全車)
• Boseサウンドシステムをメーカーオプション化(フェアレディZ バージョンST、フェアレディZ バージョンT<クーペ、ロードスター>)
• パンク修理キットを標準装備(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>)

フェアレディZの新価格は、クーペが383万1840円から454万5720円で、ロードスターが456万6240円から519万3720円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
ホームへ戻る