「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

2014.07.23 自動車ニュース
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)

「日産フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

日産自動車は2014年7月23日、マイナーチェンジを施した「フェアレディZ NISMO」を発表した。7月25日から販売を開始する。

フェアレディZ NISMOは、日産のモータースポーツ活動を担うニスモが、そのノウハウを生かして「フェアレディZ」をベースに開発したチューンドカーだ。
今回のマイナーチェンジでは、最新のニスモデザインアイデンティティーを基にエクステリアデザインを刷新。ボディーパーツを変更することで車体前後のダウンフォースバランスを最適化し、高速域におけるハンドリング性能を向上させたという。
インテリアでは、中高速域における優れたホールド性をうたう「NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート」が新しい。

具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】
・ニスモレッドアクセントを配した専用バンパー、サイドシルプロテクター
・新デザインのレイズ製アルミ鍛造ホイール
・リアスポイラー
・専用LEDハイパーデイライト
・ブラック加飾のヘッドライトインナー
・NISMO エンブレム(フロント)

【インテリア】
・NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート
・ブラックアウト加飾
・レッド加飾を施したスターターボタンフィニッシャー
・NISMOエンブレム(センターコンソール)

これにあわせて、上記フェアレディZ NISMOを除く基準車(フェアレディZ)の一部仕様も変更された。
タイヤ構造、リアエンジンマウント、防音材の改良により、チッピング音、ロードノイズ、加速時のノイズを軽減。さらに、リアサスペンションの改良により、日常域での乗り心地が向上。ステアリング制御やステアリングギアバルブの変更により、取り回し性のアップや、軽快なハンドリングの実現も図られている。
その他の変更点(フェアレディZ NISMOを除く)は、以下の通り。

•「シンクロレブコントロール」を標準化(フェアレディZのMT車<クーペ、ロードスター>)
• 18インチアルミホイールをガンメタリックに変更(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>、ロードスター全車)
• Boseサウンドシステムをメーカーオプション化(フェアレディZ バージョンST、フェアレディZ バージョンT<クーペ、ロードスター>)
• パンク修理キットを標準装備(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>)

フェアレディZの新価格は、クーペが383万1840円から454万5720円で、ロードスターが456万6240円から519万3720円。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る