「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

2014.07.23 自動車ニュース
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)

「日産フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

日産自動車は2014年7月23日、マイナーチェンジを施した「フェアレディZ NISMO」を発表した。7月25日から販売を開始する。

フェアレディZ NISMOは、日産のモータースポーツ活動を担うニスモが、そのノウハウを生かして「フェアレディZ」をベースに開発したチューンドカーだ。
今回のマイナーチェンジでは、最新のニスモデザインアイデンティティーを基にエクステリアデザインを刷新。ボディーパーツを変更することで車体前後のダウンフォースバランスを最適化し、高速域におけるハンドリング性能を向上させたという。
インテリアでは、中高速域における優れたホールド性をうたう「NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート」が新しい。

具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】
・ニスモレッドアクセントを配した専用バンパー、サイドシルプロテクター
・新デザインのレイズ製アルミ鍛造ホイール
・リアスポイラー
・専用LEDハイパーデイライト
・ブラック加飾のヘッドライトインナー
・NISMO エンブレム(フロント)

【インテリア】
・NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート
・ブラックアウト加飾
・レッド加飾を施したスターターボタンフィニッシャー
・NISMOエンブレム(センターコンソール)

これにあわせて、上記フェアレディZ NISMOを除く基準車(フェアレディZ)の一部仕様も変更された。
タイヤ構造、リアエンジンマウント、防音材の改良により、チッピング音、ロードノイズ、加速時のノイズを軽減。さらに、リアサスペンションの改良により、日常域での乗り心地が向上。ステアリング制御やステアリングギアバルブの変更により、取り回し性のアップや、軽快なハンドリングの実現も図られている。
その他の変更点(フェアレディZ NISMOを除く)は、以下の通り。

•「シンクロレブコントロール」を標準化(フェアレディZのMT車<クーペ、ロードスター>)
• 18インチアルミホイールをガンメタリックに変更(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>、ロードスター全車)
• Boseサウンドシステムをメーカーオプション化(フェアレディZ バージョンST、フェアレディZ バージョンT<クーペ、ロードスター>)
• パンク修理キットを標準装備(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>)

フェアレディZの新価格は、クーペが383万1840円から454万5720円で、ロードスターが456万6240円から519万3720円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)【ブリーフテスト】 2009.2.16 試乗記 ……486万6850円
    総合評価……★★★★

    さらなるパワーを手にしつつ、ショート&ワイド化を図った新型「フェアレディZ」。実際の走りはどうなのか? AT仕様の最上級グレードで探った。
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • 「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジ 2017.7.10 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年7月10日、ミドルサイズセダン「カムリ」の新型を発表。同日、販売を開始した。価格は「X」の329万4000円から「G“レザーパッケージ”」の419万5800円まで。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る