「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

2014.07.23 自動車ニュース
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)

「日産フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

日産自動車は2014年7月23日、マイナーチェンジを施した「フェアレディZ NISMO」を発表した。7月25日から販売を開始する。

フェアレディZ NISMOは、日産のモータースポーツ活動を担うニスモが、そのノウハウを生かして「フェアレディZ」をベースに開発したチューンドカーだ。
今回のマイナーチェンジでは、最新のニスモデザインアイデンティティーを基にエクステリアデザインを刷新。ボディーパーツを変更することで車体前後のダウンフォースバランスを最適化し、高速域におけるハンドリング性能を向上させたという。
インテリアでは、中高速域における優れたホールド性をうたう「NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート」が新しい。

具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】
・ニスモレッドアクセントを配した専用バンパー、サイドシルプロテクター
・新デザインのレイズ製アルミ鍛造ホイール
・リアスポイラー
・専用LEDハイパーデイライト
・ブラック加飾のヘッドライトインナー
・NISMO エンブレム(フロント)

【インテリア】
・NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート
・ブラックアウト加飾
・レッド加飾を施したスターターボタンフィニッシャー
・NISMOエンブレム(センターコンソール)

これにあわせて、上記フェアレディZ NISMOを除く基準車(フェアレディZ)の一部仕様も変更された。
タイヤ構造、リアエンジンマウント、防音材の改良により、チッピング音、ロードノイズ、加速時のノイズを軽減。さらに、リアサスペンションの改良により、日常域での乗り心地が向上。ステアリング制御やステアリングギアバルブの変更により、取り回し性のアップや、軽快なハンドリングの実現も図られている。
その他の変更点(フェアレディZ NISMOを除く)は、以下の通り。

•「シンクロレブコントロール」を標準化(フェアレディZのMT車<クーペ、ロードスター>)
• 18インチアルミホイールをガンメタリックに変更(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>、ロードスター全車)
• Boseサウンドシステムをメーカーオプション化(フェアレディZ バージョンST、フェアレディZ バージョンT<クーペ、ロードスター>)
• パンク修理キットを標準装備(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>)

フェアレディZの新価格は、クーペが383万1840円から454万5720円で、ロードスターが456万6240円から519万3720円。

(webCG)

関連記事
  • 日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実 2016.8.9 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更。「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を、「バージョンST」「NISMO」には上記に加え「BOSEサウンドシステム」「アクティブ・サウンド・コントロール」などを標準装備とした。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
ホームへ戻る