「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

2014.07.23 自動車ニュース
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)
「日産フェアレディZ NISMO」(以下同じ)

「日産フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売

日産自動車は2014年7月23日、マイナーチェンジを施した「フェアレディZ NISMO」を発表した。7月25日から販売を開始する。

フェアレディZ NISMOは、日産のモータースポーツ活動を担うニスモが、そのノウハウを生かして「フェアレディZ」をベースに開発したチューンドカーだ。
今回のマイナーチェンジでは、最新のニスモデザインアイデンティティーを基にエクステリアデザインを刷新。ボディーパーツを変更することで車体前後のダウンフォースバランスを最適化し、高速域におけるハンドリング性能を向上させたという。
インテリアでは、中高速域における優れたホールド性をうたう「NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート」が新しい。

具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】
・ニスモレッドアクセントを配した専用バンパー、サイドシルプロテクター
・新デザインのレイズ製アルミ鍛造ホイール
・リアスポイラー
・専用LEDハイパーデイライト
・ブラック加飾のヘッドライトインナー
・NISMO エンブレム(フロント)

【インテリア】
・NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート
・ブラックアウト加飾
・レッド加飾を施したスターターボタンフィニッシャー
・NISMOエンブレム(センターコンソール)

これにあわせて、上記フェアレディZ NISMOを除く基準車(フェアレディZ)の一部仕様も変更された。
タイヤ構造、リアエンジンマウント、防音材の改良により、チッピング音、ロードノイズ、加速時のノイズを軽減。さらに、リアサスペンションの改良により、日常域での乗り心地が向上。ステアリング制御やステアリングギアバルブの変更により、取り回し性のアップや、軽快なハンドリングの実現も図られている。
その他の変更点(フェアレディZ NISMOを除く)は、以下の通り。

•「シンクロレブコントロール」を標準化(フェアレディZのMT車<クーペ、ロードスター>)
• 18インチアルミホイールをガンメタリックに変更(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>、ロードスター全車)
• Boseサウンドシステムをメーカーオプション化(フェアレディZ バージョンST、フェアレディZ バージョンT<クーペ、ロードスター>)
• パンク修理キットを標準装備(フェアレディZ、フェアレディZ バージョンT<クーペ>)

フェアレディZの新価格は、クーペが383万1840円から454万5720円で、ロードスターが456万6240円から519万3720円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る