「日産ノートNISMO」2014年秋にデビュー

2014.07.24 自動車ニュース
「日産ノートNISMO」
「日産ノートNISMO」

「日産ノートNISMO」2014年秋にデビュー

日産自動車は2014年7月23日、同年秋の発売が予定されるコンプリートカー「ノートNISMO」を公開した。


 

発売時期は、2014年の秋が予定されている。
発売時期は、2014年の秋が予定されている。
専用デザインのバンパーやルーフスポイラーが目を引くリアビュー。
専用デザインのバンパーやルーフスポイラーが目を引くリアビュー。
フロントホイール。特徴的な10スポークの意匠が採用される。
フロントホイール。特徴的な10スポークの意匠が採用される。

日産とRECARO社が共同開発した、「RECARO製スポーツシート」。


    日産とRECARO社が共同開発した、「RECARO製スポーツシート」。

「日産ノートNISMO」2014年秋にデビューの画像

今回公開されたノートNISMOは、日産のモータースポーツ部門を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)が開発したコンプリートカー。
同様の車両は、2013年2月に発売された「ジュークNISMO」をはじめ、「フェアレディZ NISMO」(2013年6月)、「マーチNISMO」(2013年12月)、「GT-R NISMO」(2014年2月)の計4モデルがラインナップされており、ノートNISMOは、その“第5弾”にあたる。

同社によれば、ノートNISMOのグレード展開は、洗練されたスポーティーなデザインで自己表現をしたいユーザーや、スポーティーな走りと低燃費を両立させたいドライバーを対象とした「NISMO」と、モータースポーツで培われたパフォーマンスを自分のものにしたいスポーツドライビング志向のユーザーに向けた「NISMO S」の2種類になる予定。

ともに、ボディー剛性の強化をはじめとする、車体、パワートレイン、タイヤ、サスペンション、空力などのトータルチューニングによる、「バランスの取れた優れた運動性能」がセリングポイントで、内外装にも、専用のフロントグリルやフロントパンパー、サイドシルプロテクター、リアバンパー、ルーフスポイラー、NISMOレッドの電動格納式リモコンカラードドアミラー、専用スポーツシートなどがおごられる。
このうちNISMO Sには、専用チューンを施したエンジンと5段マニュアルトランスミッション、専用スポーツシートが標準で与えられ、日産とRECARO社が共同開発した「RECARO製スポーツシート」がオプション設定される見込みだ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る