メルセデス・ベンツS500クーペ(FR/7AT)/S500 4MATICクーペ(4WD/7AT)/S63 AMGクーペ(FR/7AT)/S63 AMG 4MATICクーペ(4WD/7AT)

伝統と革新と 2014.07.26 試乗記 2014年3月のジュネーブショーで発表された「Sクラスクーペ」。その見どころは流麗なスタイリングだけではない。旋回時にボディーを“逆ロール”させる「カーブ・チルティング・ファンクション」などの新機軸が投入されている。その走りはいかなるものなのか? イタリアからの第一報。

威風堂々とした存在感

メルセデス・ベンツに「Sクラスクーペ」の名が復活した。1960年代に「220S/SEクーペ」として登場し、大型で高級な2ドアクーペとして独特の存在感をたたえていたが、やがてその車名を「SEC」や「CL」に変えていた「Sクラス」ベースのクーペが、ここにきてまたSクラスクーペと名を変えたのである。

それはまさにその名のとおり、現行Sクラスをベースにしたハイエンドのクーペで、ホイールベースこそ2945mmとセダンより90mm短いものの、5mを超える全長と1.9m前後の全幅を与えられた2ドアボディーは、文字どおり威風堂々とした存在感を放つ。

しかもそれは、流れるようなルーフラインによってスポーティーさを演出しながら、スワロフスキークリスタルをちりばめたゴージャスなヘッドライトを配すなどして、これまでのメルセデスクーペとは一線を画する今様の雰囲気を発散している。

そのSクラスクーペに、イタリアのトスカーナ地方で開かれた国際試乗会で乗ってきた。その時点でヨーロッパにおけるプライスが発表されていたのは「S500 4MATICクーペ」と「S63 AMG 4MATICクーペ」の基本2モデルだったが、試乗会の後半には、まったく新しい発想のサスペンションを組み込んだ発売前のモデルにも試乗できた。

その結果、Sクラスクーペが単にラグジュアリーで快適なだけのクルマではないことを味わって、メルセデスのすごみを実感することになったのだった。

ボディーサイズは全長5044×全幅1913×全高1422mmという堂々たるもの(写真は「S63 AMGクーペ」)。
ボディーサイズは全長5044×全幅1913×全高1422mmという堂々たるもの(写真は「S63 AMGクーペ」)。
片側で47個のスワロフスキークリスタルを使用するLEDヘッドランプがオプションで用意される。
片側で47個のスワロフスキークリスタルを使用するLEDヘッドランプがオプションで用意される。
伸びやかで優雅なボディーのCd値は0.27(「S500 4MATICクーペ」の18インチ標準ホイール装着車の場合)。
伸びやかで優雅なボディーのCd値は0.27(「S500 4MATICクーペ」の18インチ標準ホイール装着車の場合)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る