スマートのEVに特別なカラーリングの限定車

2014.07.24 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック」
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック」

スマートのEVに特別なカラーリングの限定車

メルセデス・ベンツ日本は2014年7月24日、スマートの電気自動車「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ」に特別仕様車「フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック/エディションホワイト」を設定。80台の限定で発売した。

ホワイト系のカラーリングをまとう、「フォーツー エレクトリックドライブ エディションホワイト」。
ホワイト系のカラーリングをまとう、「フォーツー エレクトリックドライブ エディションホワイト」。
ビビッドな印象を与えるデザインレッドのインテリアが採用される。
ビビッドな印象を与えるデザインレッドのインテリアが採用される。

今回の特別限定車は、“ピュアEV”であるスマート・フォーツー エレクトリックドライブをベースに、特別なカラーリングを施したモデルだ。

車体の基本骨格をなす「トリディオンセーフティセル」とボディーパネルは、ブラックあるいはホワイトで統一され、シンプルかつモダンなスタイリングが表現される。
一方、インテリアカラーには、鮮やかなデザインレッドを採用。ウインカー、ワイパーブレードレバーエンドキャップ、メーターカウルなどにもレッドのアクセントパーツが配される。

ラインナップは、ブラックボディーのエディションブラックと、ホワイトボディーのエディションホワイトの2タイプ。
価格はともに302万円で、販売台数はそれぞれ40台ずつとなる。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツー エレクトリックドライブスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • 【ジュネーブショー2018】フェラーリ、「488ピスタ」を発表 2018.2.22 自動車ニュース 伊フェラーリは2018年2月21日、モータースポーツ活動から得た経験と技術をフィードバックしたスペシャルモデル「488ピスタ」を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で披露すると発表した。
  • 【ジュネーブショー2018】メルセデス、「マイバッハSクラス」をマイナーチェンジ 2018.2.15 自動車ニュース 独ダイムラーは2018年2月13日、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)でマイナーチェンジを施した「メルセデス・マイバッハSクラス」を公開すると発表した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る