「水野和敏的視点」 vol.59 「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」

2014.07.25 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.59 「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「スバル・レヴォーグ」。「レガシィツーリングワゴン」の実質的な後継モデルにして、“日本市場専用”とうたわれるスバル渾身(こんしん)の作は、ミスターGT-Rの目にどう映る?


「水野和敏的視点」 vol.59 「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像

「水野和敏的視点」 vol.59 「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像
スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1485mm/ホイールベース:2650mm/車重:1540kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:170ps/4800-5600rpm/最大トルク:25.5kgm/1800-4800rpm/タイヤ:(前)215/50R17 (後)215/50R17/車両本体価格:277万5600円
スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1485mm/ホイールベース:2650mm/車重:1540kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:170ps/4800-5600rpm/最大トルク:25.5kgm/1800-4800rpm/タイヤ:(前)215/50R17 (後)215/50R17/車両本体価格:277万5600円

■“慣れ”に頼っていないだろうか?

今回はちまたで話題のニューモデル「スバル・レヴォーグ」を取り上げます。このクルマは日本市場を見据えて、ボディーサイズを抑えたことが話題になりました。北米を向いた「レガシィ」が、おそらく今後、ますます大型化することに対応したのでしょう。国内では、実質的にレガシィの後継となるツーリングワゴンです。

エンジンは、1.6リッターと2リッターの2種類。いずれももちろん水平対向エンジンで、ターボで過給されます。直噴機構が採り入れられ、JC08モードのカタログ燃費は、1.6が16.0~17.4km/リッター、2リッターは13.2km/リッターと記載されます。価格は、1.6が266万7600~305万6400円。2リッターが334万8000~356万4000円になります。

いきなり結論めいたことを言います。レヴォーグは、いかにもワゴンを造り慣れたスバルらしい、そつなくよくできたクルマです。しかし一方では、「ワゴンとはこうしたものだ」という思い込みと慣れ……といったら言い過ぎですが、既存の概念にとらわれすぎているところも感じます。せっかくのワゴン専用ボディーなのですから、もっと基本に立ち返って理想に向かってほしかった、という部分もあるというのが正直なところです。

それでは具体的に見ていきましょう。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
ホームへ戻る