「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車

2014.07.25 自動車ニュース
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」

「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車


アストンマーティンアジアパシフィックは2014年7月24日、「DB9」の特別仕様車「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」を発表した。

「カーボンブラック」のインテリア。
「カーボンブラック」のインテリア。
サイドシルに専用プレートが付く。
サイドシルに専用プレートが付く。
「DB9カーボンホワイト」
「DB9カーボンホワイト」

「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」は、ボディーの随所にカーボンパーツをおごってスポーティーさとファッション性を高めた仕様である。

外装ではノーズスプリッターやディフューザー、ドアミラーキャップ、サイドストレーキ(前ホイールアーチの後方に装着されるフィン状のパーツ)、テールランプ部のパネル、内装ではセンターパネルやドアノブなどがカーボンとなる。さらに、オプションを選択することで、アウタードアハンドルやシフトパドルなどもカーボン製に変更することができる。

エンジンは標準型のDB9と同じ517psの6リッターV12。動力性能は0-100km/h加速が4.6秒で、最高速は295km/h。両モデルともクーペと、オープンの「ヴォランテ」が用意される。価格は以下のとおり。

・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト クーペ:2349万5000円
・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト ヴォランテ:2543万9000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る