「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車

2014.07.25 自動車ニュース
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」 拡大

「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車


アストンマーティンアジアパシフィックは2014年7月24日、「DB9」の特別仕様車「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」を発表した。

「カーボンブラック」のインテリア。
「カーボンブラック」のインテリア。 拡大
サイドシルに専用プレートが付く。
サイドシルに専用プレートが付く。
    拡大
「DB9カーボンホワイト」
「DB9カーボンホワイト」
    拡大

「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」は、ボディーの随所にカーボンパーツをおごってスポーティーさとファッション性を高めた仕様である。

外装ではノーズスプリッターやディフューザー、ドアミラーキャップ、サイドストレーキ(前ホイールアーチの後方に装着されるフィン状のパーツ)、テールランプ部のパネル、内装ではセンターパネルやドアノブなどがカーボンとなる。さらに、オプションを選択することで、アウタードアハンドルやシフトパドルなどもカーボン製に変更することができる。

エンジンは標準型のDB9と同じ517psの6リッターV12。動力性能は0-100km/h加速が4.6秒で、最高速は295km/h。両モデルともクーペと、オープンの「ヴォランテ」が用意される。価格は以下のとおり。

・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト クーペ:2349万5000円
・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト ヴォランテ:2543万9000円

(webCG)

関連キーワード:
DB9アストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る