「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車

2014.07.25 自動車ニュース
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」

「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車


アストンマーティンアジアパシフィックは2014年7月24日、「DB9」の特別仕様車「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」を発表した。

「カーボンブラック」のインテリア。
「カーボンブラック」のインテリア。
サイドシルに専用プレートが付く。
サイドシルに専用プレートが付く。
「DB9カーボンホワイト」
「DB9カーボンホワイト」

「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」は、ボディーの随所にカーボンパーツをおごってスポーティーさとファッション性を高めた仕様である。

外装ではノーズスプリッターやディフューザー、ドアミラーキャップ、サイドストレーキ(前ホイールアーチの後方に装着されるフィン状のパーツ)、テールランプ部のパネル、内装ではセンターパネルやドアノブなどがカーボンとなる。さらに、オプションを選択することで、アウタードアハンドルやシフトパドルなどもカーボン製に変更することができる。

エンジンは標準型のDB9と同じ517psの6リッターV12。動力性能は0-100km/h加速が4.6秒で、最高速は295km/h。両モデルともクーペと、オープンの「ヴォランテ」が用意される。価格は以下のとおり。

・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト クーペ:2349万5000円
・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト ヴォランテ:2543万9000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DB9の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
ホームへ戻る