ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー ロングホイールベース(4WD/8AT)

圧倒的な存在感 2014.08.04 試乗記 20年ぶりに、「レンジローバー」にロングホイールベースモデルが登場した。200mm延長されたホイールベースがもたらすその走りとは? 東京から一路、西を目指した。

プラス200mmの恩恵は?

レンジローバーの標準車が1265万円で買えるのに対し、ロングホイールベース(LWB)版の最高価格車は1810万円もする。その見返りというか価値観をどこにみいだすか……。200mm長いホイールベースの恩恵を考えてみよう。

レンジローバーは標準車でも全長5mを超すが、LWB版はさらに200mmも長く、大きな車体サイズは見る人を圧倒する。そこを誇示したい人にとって、LWB版は大いなる満足感を与えてくれるはずだ。駐車場に止めて、歯止めで決まる後輪の位置が同じなら、標準車と並べばノーズはさらに先まであり、ソコに優越感を抱くこともできるだろう。

長いホイールベース(WB)がもたらす直進安定性が独特の味をもつこともご想像の通りだ。それは逆に、ショートホイールベース(SWB)の軽快な旋回性能を証明することにもなるが、LWBは決して動きが鈍いというわけではない。些事(さじ)に動じない鷹揚(おうよう)な操縦感覚も捨てがたいし、ゆったりした乗り心地がもたらす高級感も提供してくれる。

もっとも今回レンジローバーLWBに試乗して、乗り心地については絶対的にはランフラットタイヤにも似たややザラザラした微振動域の路面感触が気になった。実際に装着されていたタイヤはランフラットではないが、高級車の乗り心地としてはやや粗いように思う。さらなる高級感を得たければ、エンベロープ特性をもっと有効利用できるタイヤを選択する必要があるだろう。

ちなみに、SUVの乗り心地に関して筆者が経験した過去のベストは「ランボルギーニLM002」で、ピレリ・スコルピオの感触は最高だった。その乗り心地は、まるで前走車が分厚いじゅうたんを敷いてくれていて、その上を走っているかのようだった。あれは戦車のキャタピラーにも等しく、エンベロープ特性の極致だった。

「レンジローバー」にロングホイールベース仕様が加わるのは、「レンジローバーLSE」(1992年から1994年まで販売された)以来20年ぶりのこと。左右の前ホイールアーチの後方に「L」バッジが付く。
「レンジローバー」にロングホイールベース仕様が加わるのは、「レンジローバーLSE」(1992年から1994年まで販売された)以来20年ぶりのこと。左右の前ホイールアーチの後方に「L」バッジが付く。
インストゥルメントパネルは標準仕様の「レンジローバー」に準じる。
インストゥルメントパネルは標準仕様の「レンジローバー」に準じる。
試乗車の前席(運転席および助手席)には22ウェイの調整機能(オプション)が装着されていた。
試乗車の前席(運転席および助手席)には22ウェイの調整機能(オプション)が装着されていた。
サイドシルに「Autobiography」のプレート。
サイドシルに「Autobiography」のプレート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る