ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー ロングホイールベース(4WD/8AT)

圧倒的な存在感 2014.08.04 試乗記 20年ぶりに、「レンジローバー」にロングホイールベースモデルが登場した。200mm延長されたホイールベースがもたらすその走りとは? 東京から一路、西を目指した。

プラス200mmの恩恵は?

レンジローバーの標準車が1265万円で買えるのに対し、ロングホイールベース(LWB)版の最高価格車は1810万円もする。その見返りというか価値観をどこにみいだすか……。200mm長いホイールベースの恩恵を考えてみよう。

レンジローバーは標準車でも全長5mを超すが、LWB版はさらに200mmも長く、大きな車体サイズは見る人を圧倒する。そこを誇示したい人にとって、LWB版は大いなる満足感を与えてくれるはずだ。駐車場に止めて、歯止めで決まる後輪の位置が同じなら、標準車と並べばノーズはさらに先まであり、ソコに優越感を抱くこともできるだろう。

長いホイールベース(WB)がもたらす直進安定性が独特の味をもつこともご想像の通りだ。それは逆に、ショートホイールベース(SWB)の軽快な旋回性能を証明することにもなるが、LWBは決して動きが鈍いというわけではない。些事(さじ)に動じない鷹揚(おうよう)な操縦感覚も捨てがたいし、ゆったりした乗り心地がもたらす高級感も提供してくれる。

もっとも今回レンジローバーLWBに試乗して、乗り心地については絶対的にはランフラットタイヤにも似たややザラザラした微振動域の路面感触が気になった。実際に装着されていたタイヤはランフラットではないが、高級車の乗り心地としてはやや粗いように思う。さらなる高級感を得たければ、エンベロープ特性をもっと有効利用できるタイヤを選択する必要があるだろう。

ちなみに、SUVの乗り心地に関して筆者が経験した過去のベストは「ランボルギーニLM002」で、ピレリ・スコルピオの感触は最高だった。その乗り心地は、まるで前走車が分厚いじゅうたんを敷いてくれていて、その上を走っているかのようだった。あれは戦車のキャタピラーにも等しく、エンベロープ特性の極致だった。

「レンジローバー」にロングホイールベース仕様が加わるのは、「レンジローバーLSE」(1992年から1994年まで販売された)以来20年ぶりのこと。左右の前ホイールアーチの後方に「L」バッジが付く。
「レンジローバー」にロングホイールベース仕様が加わるのは、「レンジローバーLSE」(1992年から1994年まで販売された)以来20年ぶりのこと。左右の前ホイールアーチの後方に「L」バッジが付く。
インストゥルメントパネルは標準仕様の「レンジローバー」に準じる。
インストゥルメントパネルは標準仕様の「レンジローバー」に準じる。
試乗車の前席(運転席および助手席)には22ウェイの調整機能(オプション)が装着されていた。
試乗車の前席(運転席および助手席)には22ウェイの調整機能(オプション)が装着されていた。
サイドシルに「Autobiography」のプレート。
サイドシルに「Autobiography」のプレート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る