ロータス・エリーゼに「クラブレーサー」が登場

2011.12.08 自動車ニュース

「ロータス・エリーゼ」に新グレード「クラブレーサー」が登場

ロータスの正規輸入元エルシーアイは2011年12月8日、「ロータス・エリーゼ」のラインナップに、「エリーゼ クラブレーサー」を追加し、発売した。

「エリーゼ クラブレーサー」は、ライトウェイトスポーツカー「エリーゼ」をベースに、内外装を専用仕立てとしたモデル。外観は、ブラック5スポーク軽量鍛造アルミホイールが与えられるほか、ロールフープカバー、リアトランサムパネル、ドアミラーキャップは専用のマットブラックにペイントされ、リアバンパーなどにクラブレーサーロゴステッカーが貼られる。

ボディーカラーは特別色「スカイブルー」「サフランイエロー」を含む5色が設定され、標準モデルではシルバーとなるディフューザーがブラックにペイントされる。

内装は、シートがボディー同色の軽量なコンポジットタイプとなるほか、通常はレザー巻きのステアリングホイールの表皮がスエードとなり、ギアレバーブーツやハンドブレーキブーツ、ドアインサートにもスエードが採用される。“CR”ロゴ刺しゅう入りカーペットも同モデルの専用装備だ。

機能面では、エリーゼシリーズで初めてDPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)に“スポーツモード”が設定され、より幅広いスキルのドライバーがスポーツ走行を楽しめるように配慮されている。

価格は、エリーゼより50万円高い560万円。デリバリー開始は2012年1月が予定されている。

(webCG 曽宮)

「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」
「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」
ホイールやドラミラー、ディフューザーなどはブラック系のカラーリングでまとめられる。(写真のボディーカラーはカーボングレー)
ホイールやドラミラー、ディフューザーなどはブラック系のカラーリングでまとめられる。(写真のボディーカラーはカーボングレー)
インテリアの様子。
インテリアの様子。
こちらは特別色スカイブルーのもの。
こちらは特別色スカイブルーのもの。

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
ホームへ戻る