ロータス・エリーゼに「クラブレーサー」が登場

2011.12.08 自動車ニュース

「ロータス・エリーゼ」に新グレード「クラブレーサー」が登場

ロータスの正規輸入元エルシーアイは2011年12月8日、「ロータス・エリーゼ」のラインナップに、「エリーゼ クラブレーサー」を追加し、発売した。

「エリーゼ クラブレーサー」は、ライトウェイトスポーツカー「エリーゼ」をベースに、内外装を専用仕立てとしたモデル。外観は、ブラック5スポーク軽量鍛造アルミホイールが与えられるほか、ロールフープカバー、リアトランサムパネル、ドアミラーキャップは専用のマットブラックにペイントされ、リアバンパーなどにクラブレーサーロゴステッカーが貼られる。

ボディーカラーは特別色「スカイブルー」「サフランイエロー」を含む5色が設定され、標準モデルではシルバーとなるディフューザーがブラックにペイントされる。

内装は、シートがボディー同色の軽量なコンポジットタイプとなるほか、通常はレザー巻きのステアリングホイールの表皮がスエードとなり、ギアレバーブーツやハンドブレーキブーツ、ドアインサートにもスエードが採用される。“CR”ロゴ刺しゅう入りカーペットも同モデルの専用装備だ。

機能面では、エリーゼシリーズで初めてDPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)に“スポーツモード”が設定され、より幅広いスキルのドライバーがスポーツ走行を楽しめるように配慮されている。

価格は、エリーゼより50万円高い560万円。デリバリー開始は2012年1月が予定されている。

(webCG 曽宮)

「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」
「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」 拡大
ホイールやドラミラー、ディフューザーなどはブラック系のカラーリングでまとめられる。(写真のボディーカラーはカーボングレー)
ホイールやドラミラー、ディフューザーなどはブラック系のカラーリングでまとめられる。(写真のボディーカラーはカーボングレー) 拡大
インテリアの様子。
インテリアの様子。 拡大
こちらは特別色スカイブルーのもの。
こちらは特別色スカイブルーのもの。 拡大

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
ホームへ戻る