第251回:新型「デミオ」のここが見どころ/チーフデザイナーが語るこだわりのデザイン

2014.08.01 エディターから一言
今秋の正式デビューを前に「マツダ・デミオ」のプロトタイプが公開された。
今秋の正式デビューを前に「マツダ・デミオ」のプロトタイプが公開された。

「魂動(こどう)」デザインが採用されたマツダの新世代商品の第4弾、新型「デミオ」がいよいよわれわれの目の前に現れた。そのデザインの見どころは? チーフデザイナーに語ってもらった。

マツダ株式会社
デザイン本部
チーフデザイナー
柳澤 亮(やなぎさわ りょう)さん

1991年にマツダ入社。デザイン本部で「プレマシー」などさまざまな量産車のインテリアデザインを手がけた後、2007年にデザイン戦略スタジオ チーフデザイナーに。ピックアップトラック「BT-50」を担当した。2010年にデザイン本部に帰任し、2011年に「マツダ2/デミオ」のチーフデザイナーに就任。2013年にはコンセプトカー「マツダ跳(HAZUMI)」のチーフデザイナーも務めた。1969年生まれ。
マツダ株式会社
    デザイン本部
    チーフデザイナー
    柳澤 亮(やなぎさわ りょう)さん
    
    1991年にマツダ入社。デザイン本部で「プレマシー」などさまざまな量産車のインテリアデザインを手がけた後、2007年にデザイン戦略スタジオ チーフデザイナーに。ピックアップトラック「BT-50」を担当した。2010年にデザイン本部に帰任し、2011年に「マツダ2/デミオ」のチーフデザイナーに就任。2013年にはコンセプトカー「マツダ跳(HAZUMI)」のチーフデザイナーも務めた。1969年生まれ。
新型「デミオ」のデザインスケッチ。
新型「デミオ」のデザインスケッチ。
「アクセラ」や「アクセラ」の全長を単純に縮めると、まるで“チョロQ”のようになってしまう。
「アクセラ」や「アクセラ」の全長を単純に縮めると、まるで“チョロQ”のようになってしまう。
ひとことで「魂動(こどう)」デザインといっても、3台では表現している動きが異なっている。
ひとことで「魂動(こどう)」デザインといっても、3台では表現している動きが異なっている。

ボディーの“動き”を再構築する

新型「デミオ」のデザイン開発を率いたチーフデザイナーの柳澤氏。デザインを決めるにあたり、貫いた志はシンプルで力強いものだった。その志とは「妥協は一切せず、格好良さで突き抜けたい」というもの。

「われわれマツダは(販売規模の面では)スモールプレーヤーです。世の中にはいろいろなBカー(Bセグメントカー)があり、そこから突出しなくてはなりません。そのために、まず“格好良さで突き抜けたい”と考えました」

特に日本のマーケットで主流になっているBセグメントカーは、キャビンが大きい、いかにも室内が広そうなミニバン的なクルマたちだ。新型デミオはその流れは意識していないのだろうか。

「もちろん、そういう流れを意識することは非常に大事だと思います。ただ、われわれがそれをやってしまうと埋没してしまうかもしれない。だからそれとは違った“骨格”を作りたい。他のコンパクトカーとは一線を画す『走りの骨格』というものを作りたい。そういうところで勝負したいと考えました」

その「走りの骨格」とはこういうものだ。Aピラーを従来より後方に引くことによってキャビンをコンパクトに仕立てる/そのキャビンをしっかりとしたロワーボディーの後方に鎮座させる/そうすることでリアタイヤにぐっと荷重がかかったバランスを築く――こうすると見る者に走りを意識させるフォームが出来上がるのだ。この考え方は、実は新しいものではなく、すでに「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」といった一連の魂動デザインで試みられている。

「ただアテンザやアクセラとまったく一緒のデザインなのかというと、それはちょっと違います。例えば、アテンザやアクセラのデザインをそのまま小さくするとどうなるか。まるで“チョロQ”のようになってしまう。単純にデザインを縮めるだけだと、“動き”が少し不自然になってしまうのです。そこで“動き”を再構築しなくてはなりません」

チーターの動きで表現するなら、アテンザは「トップスピードのしなやかな動き」、アクセラは「急激な加速感」、そして新型デミオでは「凝縮したエネルギーを解放する爆発的な動き」を表現したという。

リアタイヤの前方にぐっとエネルギーを凝縮させる。そのエネルギーがいまにも飛び出しそうなるがそれをこらえ、しかしある瞬間に爆発的に解放されて前に進んでいく――デミオはそんなイメージなのだそうだ。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る