戦士をイメージした「チェロキー」の限定車発売

2014.07.31 自動車ニュース
「ジープ・チェロキー ウォーリアー」
「ジープ・チェロキー ウォーリアー」

戦士をイメージした「ジープ・チェロキー」の限定車発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年7月31日、「ジープ・チェロキー」に特別限定車「チェロキーWarrior(ウォーリアー)」を設定し、同年8月23日に発売すると発表した。

ボンネットデカール
ボンネットデカール
高級なナッパレザーが用いられるシート。写真は「エコグリーン」のボディーカラーに組み合わされる、ブラウンレザーのインテリア。
高級なナッパレザーが用いられるシート。写真は「エコグリーン」のボディーカラーに組み合わされる、ブラウンレザーのインテリア。
「オフロードキット」は、アウトドアで役立つアイテムを専用バッグにまとめたもの。写真のように、荷室左側のレールに固定することができる(Jeepラックカーゴマネジメントシステム)。
「オフロードキット」は、アウトドアで役立つアイテムを専用バッグにまとめたもの。写真のように、荷室左側のレールに固定することができる(Jeepラックカーゴマネジメントシステム)。

戦士をイメージした「チェロキー」の限定車発売の画像

チェロキー ウォーリアーは、ネイティブ・アメリカン「チェロキー族」の勇敢な戦士(warrior)をイメージしてカスタマイズを施したという特別限定車。
ベースモデルは、チェロキーの中でもオフロード走行を得意とする「トレイルホーク」で、ボンネットのマットブラックデカールやブラックのアルミホイールなど、さまざまなドレスアップアイテムおよび機能装備が与えられる。

具体的な特別装備は、以下の通り。

・マットブラックのボンネットデカール
・ブラックの17インチアルミホイール
・ナッパレザーシート(フロントシートヒーター付き)
・オフロードキット(手袋/懐中電灯/けん引ストラップほか)
・セーフティパッケージII(オートハイビームヘッドライト/アドバンストブレーキアシスト/アダプティブクルーズコントロール<STOP&GO機能付き>/LaneSense車線逸脱警報プラス/前面衝突警報<クラッシュミティゲーション付き>/ブラインドスポットモニター+リアクロスパスディテクション/Parkviewリアバックアップカメラ/ParkSense縦列および並列パークアシスト/自動防眩式ルームミラー/運転席8ウェイパワーシート/運転席4ウェイパワーランバーサポート/パワーリフトゲート)

ハンドル位置は右のみで、価格は451万4400円。

2タイプあるボディーカラーとインテリア(カッコ内)の組み合わせ、および販売台数は以下の通り。
・エコグリーン(ブラウンレザー):100台
・ブリリアントブラッククリスタル(ブラックレザー):50台

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る