【スペック】全長×全幅×全高=4134×1810×1301mm/ホイールベース=2430mm/車重=1610kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(422ps/6800rpm、55.1kgm/4500rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツSLK55 AMG(FR/7AT)【海外試乗記】

豪快な理性派 2011.12.08 試乗記 メルセデス・ベンツSLK55 AMG(FR/7AT)

「メルセデス・ベンツSLK」の高性能版「SLK55 AMG」が新エンジンをひっさげて、生まれ変わった。ファンとエコの両立が図られたという新型の乗り味を、サンフランシスコから報告する。

「下」からエコ化

われわれ日本人からすると、欧州メーカーは、“新しいエコカー技術”の採用には、とても慎重そうにみえる。最近になってヨーロピアンブランドから続々とハイブリッド車が出始めてきたけれど、正直、「いまさら何? ハイブリッドなんて要らないって言ってたじゃん?」と多くの人が思ったはずだ。

けれども彼らとて、決してのんきに構えてきたわけではなくい。根本的な取り組み姿勢、例えば環境問題に対する視点がマクロ的かミクロ的かといったような、ビジネスとしての考え方が大きく違っていたにすぎない。

欧州勢は、CO2削減でより多くの“結果”を残せる領域(ディーゼルエンジンはその際たる例だ)から順を追って成果を求めた。果樹のてっぺんになる実は大きくて美しく見えるものだが、多くの人に栄養を与えるためには下から順に、多少不細工でも甘く熟した実を丹念に摘み取っていこう、というわけである。

「上」(=先端技術の実用化)から行くのか、「下」(=既存技術の洗練)から行くのか、その結果の是非についての判断は、ひとまず留保しておく。とにかく、そんなわけだから、欧州メーカーは、右手で先進技術をアピールしながらも、左手で既存の内燃機関をいっそう効率化することに心血を注いでいる。特に、むやみな低燃費化だけではビジネスの成立しない、真の“プレミアム領域”をどうするかは手腕が問われるところだ。
新しい「SLK55 AMG」には、その回答がいくつか詰まっていた。


メルセデス・ベンツSLK55 AMG(FR/7AT)【海外試乗記】の画像
パワートレインを燃費重視の制御とする「エコモード」が備わった。
パワートレインを燃費重視の制御とする「エコモード」が備わった。
3世代目「SLK」の高性能版たる「SLK55 AMG」。
3世代目「SLK」の高性能版たる「SLK55 AMG」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る