スズキ・ワゴンR 20周年記念車(FF/CVT)/ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/三菱eKワゴン G(FF/CVT)

「ニッポンのスモール」の今とこれから(前編) 2014.08.11 試乗記 日本における小型大衆車のスタンダードである軽トールワゴン。人気モデルの3台を徹底的に比較し、その実力を検証した。

変化を見せる軽市場の勢力図

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の発表によれば、今年6月の販売が12カ月連続のプラスとなるなど、増税後も好調さをキープしている軽自動車。昨今のトレンドは全高1700mmを超える「スーパーハイトワゴン」だが、現在の市場発展の礎(いしずえ)となったのは、全高1600mm台の「軽トールワゴン」にほかならない。今回は、このクラスの元祖でもある「スズキ・ワゴンR」、新興勢力として人気沸騰中の「ホンダN-WGN」、“日産との協業”という新しいビジネスモデルの基に登場し、このほど一部改良を行った「三菱eKワゴン」の3台をピックアップした。

まずそれぞれを比較する前に、軽自動車(乗用車)の市場変化、特に各社の動静について知っておく必要がある。わずか3年前の2011年を振り返ってみると、そのシェアはダイハツが37.5%、スズキが31.6%と、両社の“2強時代”であった。しかし、2012年になるとその勢力図に大きな変化が現れる。それがホンダの「Nシリーズ」の登場である。これにより、2011年にはわずか8.6%だった同社のシェアは18.5%と大きく伸長。ダイハツとスズキは自社のシェアをほぼキープしながらも、新興勢力の登場に頭を悩ませることになる。一方、スズキなどからのOEM供給により軽自動車販売を行っていた日産も、2011年時点では10.7%とまずまずのシェアを誇っていた。これが2012年に入ると7.9%へと大きくダウン。しかし三菱自動車との合弁で軽自動車の企画・製造を行うNMKVを設立したことが、後のシェア回復につながることになる。
こうした変遷を経て、今日ではホンダが好調を維持しつつ、日産も2011年以上のところまでシェアを回復。一方、トップの2社については、スズキは「ハスラー」、ダイハツは「タント」と、それぞれのヒット作を出しながらも、シェアをやや落としているのが軽自動車界の現状である。

前述したように、世の中の軽自動車トレンドはスーパーハイトワゴンに向かっているが、2014年6月の販売データを見ると、ワゴンRが2位、「ダイハツ・ムーヴ」が4位、N-WGNが6位と健闘。NMKVが生産する兄弟車の「日産デイズ」と三菱eKワゴンについても、前者が5483台、後者が2515台、合算すれば7998台とかなりの販売台数になる。つまり、数字から見れば決してこのジャンルが衰退しているわけではなく、軽トールワゴンは現在では“デファクトスタンダード=これが普通”としてユーザーに支持されているのだ。

軽トールワゴンというジャンルの先駆者である「スズキ・ワゴンR」。初代のデビューは1993年のことだ。
軽トールワゴンというジャンルの先駆者である「スズキ・ワゴンR」。初代のデビューは1993年のことだ。
今回のテスト車は「ワゴンR」の誕生20周年を記念した特別仕様車。運転席シートヒーターなどを標準装備している。
今回のテスト車は「ワゴンR」の誕生20周年を記念した特別仕様車。運転席シートヒーターなどを標準装備している。
それまでの「ライフ」に代わり、2013年に登場した「ホンダN-WGN」。
それまでの「ライフ」に代わり、2013年に登場した「ホンダN-WGN」。
軽ハイトワゴンの中で唯一、横滑り防止装置を全車に装備するなど、充実した安全装備も「N-WGN」の特徴となっている。
軽ハイトワゴンの中で唯一、横滑り防止装置を全車に装備するなど、充実した安全装備も「N-WGN」の特徴となっている。
日産との協業で誕生した「三菱eKワゴン」。「日産デイズ」の兄弟車に当たる。
日産との協業で誕生した「三菱eKワゴン」。「日産デイズ」の兄弟車に当たる。
右側で光る、電池の形をしたインジケーターに注目。「eKワゴン」は2014年6月の改良で、ブレーキエネルギー回生機構が装備された。
右側で光る、電池の形をしたインジケーターに注目。「eKワゴン」は2014年6月の改良で、ブレーキエネルギー回生機構が装備された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る