スズキ・ワゴンR 20周年記念車(FF/CVT)/ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/三菱eKワゴン G(FF/CVT)

「ニッポンのスモール」の今とこれから(後編) 2014.08.12 試乗記 日常生活のアシとして人気を集める軽ハイトワゴン3車種を徹底比較。そこから導き出された、今日における「ベスト・バイ」は?

燃費競争もいいけれど……

前編からのつづき
軽自動車の試乗に際して真っ先に思い浮かぶのは、あいかわらずの燃費競争である。もちろん燃費を含めた環境性能が良いに越したことはないし、実際の販売現場ではそれが売り上げに直結するので、頭から否定するつもりは毛頭ない。ただ、正直に言えば「燃費が0.2km/リッター上がった」とか「軽自動車最高燃費」などといった不毛な戦いは、そろそろ終わりにしてもいいのでは、と思う。ユーザーの側も、実際の走行パターンは一人ひとり異なるものなので、あくまでも参考にとどめておく程度がよいかと……。

さて、日々の生活に直結する軽自動車ゆえ、燃費とともに重要なポイントとなるのが、取り回しのしやすさである。この点では3車とも大差はないが、全体のバランスとしては「ホンダN-WGN」がよかった。まず、前回報告した三角窓を含む視界の良さもあって、車両感覚がつかみやすい。またクイックというほどではないが、ステアリングのロック・トゥ・ロックが他の2台に比べて3.5回転と少なく、前輪の向きも把握しやすかった。ステアリングといえば、昨今のパワステにはほとんどの場合EPS(電動式)が採用されているが、ハンドルを切った際に最も手応えがあるのもN-WGNである。

これに対し、「三菱eKワゴン」は操舵(そうだ)が軽く扱いやすいが、その軽さがどの速度域でもほとんど変わらず、さらに切り込んでいった時の手応えも不足気味。「スズキ・ワゴンR」はベース車より太い165/55R15サイズのタイヤを履いていたこともあって手応えはよかったが、その分、最小回転半径がベース車に比べて0.2m増の4.6mとなっていた。

2014年7月現在、軽トールワゴンの中では「eKワゴン」「ワゴンR」の30.0km/リッター(JC08モード)という燃費がトップとなっている。
2014年7月現在、軽トールワゴンの中では「eKワゴン」「ワゴンR」の30.0km/リッター(JC08モード)という燃費がトップとなっている。
14インチタイヤ装着車同士で比較した場合、最小回転半径は「eKワゴン」と「ワゴンR」が4.4m、「N-WGN」が4.5mとなる。
14インチタイヤ装着車同士で比較した場合、最小回転半径は「eKワゴン」と「ワゴンR」が4.4m、「N-WGN」が4.5mとなる。
テスト車のタイヤは、「N-WGN」と「eKワゴン」が「ダンロップ・エナセーブEC300」、「ワゴンR」が「ブリヂストン・エコピア EP150」となっていた。
テスト車のタイヤは、「N-WGN」と「eKワゴン」が「ダンロップ・エナセーブEC300」、「ワゴンR」が「ブリヂストン・エコピア EP150」となっていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る