2色シート&充実装備の「キャプティバ」が登場

2014.08.04 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ アクティブ レッド」
「シボレー・キャプティバ アクティブ レッド」

2色シート&充実装備の「シボレー・キャプティバ」が登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年8月4日、3列シートのミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「アクティブ レッド」を8月30日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、レッドとブラックのツートンカラーでコーディネートしたシートや、ワイヤレス操作が容易なWi-Fi接続機能付きカーナビゲーションシステム、リアエンターテインメントシステムなどを採用したものである。

具体的な装備の内容は以下の通り。

・ジェットブラック/スパイスレッド アーティフィシャルレザー コンビネーションシート
・ケンウッド製リアビューカメラ付きナビゲーションシステム
・リアエンターテインメント(プラズマクラスター技術搭載アルパイン製10.2型大型LEDディスプレイ)
・脱着可能メッシュサンシェード(7枚)

ボディーカラーは「サミットホワイト」と特別色「スモーキー アイグレー メタリック」の2色で、前者が20台、後者が10台の限定販売となる。価格はベース車より10万円高の379万円。

(webCG)
 

関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • 「シボレー・キャプティバ」に“オールブラック”な特別限定車 2016.6.28 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年6月28日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ Perfect Black(パーフェクトブラック)」を発表した。同年7月2日に15台限定で発売する。
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編)NEW 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産姪名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る