「スズキ・ソリオ」の安全装備が充実

2014.08.04 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ S-DJE」
「スズキ・ソリオ S-DJE」

「スズキ・ソリオ」の安全装備が充実

スズキは2014年8月4日、コンパクトカー「ソリオ」に安全装備を強化するなどの一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、カタログモデルの「X」「X-DJE」「S」「S-DJE」および「バンディット」「バンディット-DJE」、特別仕様車の「BLACK&WHITE II」「BLACK&WHITE II-DJE」の各車に、これまでオプション扱いだったレーダーブレーキサポートII(前方衝突警報機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能)やエマージェンシーストップシグナル、ESP(横滑り防止装置)、クルーズコントロールシステムを標準で採用した。

また、エントリーグレードの「G」や「G4」、特別仕様車の「Gリミテッド」についても、ESPを標準装備化。標準モデルとバンディットのボディーカラーに、「コメットグリーンパールメタリック」を新設定した。

価格は145万4760円~199万5840円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッド:合理的で美しい 2015.11.5 自動車ニュース 第44回東京モーターショーにおいて、スズキブースの片隅に展示された青いコンパクトワゴン。一見するとただの「ソリオ バンディット」なのだが、実はこれ、スズキが独自に開発中のハイブリッドカーなのだ。いかにも“スズキらしい”その機構の特徴を解説する。
ホームへ戻る