白×青の「シボレー・カマロ」10台限定で発売

2014.08.05 自動車ニュース
「シボレー・カマロ スポーティブルー」
「シボレー・カマロ スポーティブルー」

白×青の「シボレー・カマロ」10台限定で発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年8月5日、「シボレー・カマロ」の特別仕様車「スポーティブルー」を発表した。同年8月30日に、10台限定で発売する。

今回発売されるシボレー・カマロ スポーティブルーは、3.6リッターV6エンジンを搭載する「カマロLT RS」をベースに、特別な内外装が与えられた限定車。

ブルーインテリアアクセントパッケージとブルーレザーシートからなる青基調のインテリアと、シルバーのラリーストライプをアクセントとした白いエクステリア(ボディーカラー:サミットホワイト)が特徴となっている。

価格は、ベースモデルより10万円高の478万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カマロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)【試乗記】 2010.4.13 試乗記 シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)
    ……535.0万円

    派手な外観に大排気量V8を組み合わせた「シボレー・カマロ」は、そのスペックから想像するのとはやや異なる味わいのクルマだった。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その26) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。キャデラックとシボレーのブースを画像で紹介する。
ホームへ戻る