第80回:カマロやヴェイロンが変形してド迫力ロボバトル!
『トランスフォーマー/ロストエイジ』

2014.08.07 エッセイ

興行収入が10億ドルを突破した大ヒット映画

ワールドワイドで興行収入が10億ドルを突破したそうである。全米では2億4000万ドル以上で、公開された60カ国すべてで第1位を獲得したというから大変な勢いだ。マイケル・ベイ監督はスティーブン・スピルバーグに次いで監督作品の累計興行収入が歴代2位になったとのことで、記録ずくめの映画である。スピルバーグも製作総指揮として参加しているから、ヒットするべくしてヒットしたということなのだろう。同じく大ヒットした『GODZILLA ゴジラ』と比べても、約2倍の成績なのだから驚く。

とはいえ、どちらにしても日本発の作品である。ゴジラの元祖はもちろん1954年に本多猪四郎監督が撮った作品だし、トランスフォーマーはもともとタカラが販売していた変形ロボット玩具シリーズから来ている。日本でTVアニメが製作されてから、今年が30周年なのだそうだ。『トランスフォーマー/ロストエイジ』は、ハリウッド版映画としては4作目になる。前作で3部作が終わり、新シリーズも3作品が予定されているようだ。これだけのドル箱なら、手放すはずがない。

ストーリーはつながっているが、俳優陣は一新された。主人公は、シャイア・ラブーフからマーク・ウォールバーグに代わった。へなちょこの口だけ達者な青年から、夢を追い続ける発明大好きオヤジになったわけである。ヒロインは3代目で、新鋭のニコラ・ペルツが務めている。歴代ヒロインの中で、間違いなく一番日本人ウケするルックスだ。

トランスフォーマーたちは、相変わらずの面々もいれば新たなメンバーも加わっている。オプティマスプライムはトレーラーに変形し、バンブルビーはやはり黄色い「シボレー・カマロ」だ。……なんて言っても、これまでのストーリーを知らなければ何のことやらわからないだろう。基礎知識の説明が必要だ。

(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.
(C) 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.

第80回:カマロやヴェイロンが変形してド迫力ロボバトル!『トランスフォーマー/ロストエイジ』の画像

第80回:カマロやヴェイロンが変形してド迫力ロボバトル!『トランスフォーマー/ロストエイジ』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。