ヨコハマ、北海道限定の冬用タイヤに新サイズ

2014.08.06 自動車ニュース
「ヨコハマ iceGUARD Evolution iG01」
「ヨコハマ iceGUARD Evolution iG01」

ヨコハマ、北海道限定の冬用タイヤに新サイズ

横浜ゴムは2014年8月6日、2013年10月に発売した乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD Evolution iG01(アイスガード エボリューション アイジーゼロイチ)」に、新たに2つのサイズを追加設定し、2014年10月に発売すると発表した。

 

iceGUARD Evolution iG01は氷上性能に特化したスタッドレスタイヤであり、ベースとなった「iceGUARD 5」と比べ、氷上制動性能を20%、氷上コーナリング性能を12%向上させている(従来サイズ195/65R15 91Qによるテスト結果)。

今回追加されるのは、155/65R14 75Qと215/60R16 95Qの2種類。前者は軽自動車向けの、後者はミニバンなど多くの車両に装着されているサイズで、従来の195/65R15 91Qを含め、3サイズとも北海道限定で販売が行われる。価格はオープンプライス。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。