「メルセデス・ベンツSLK200」新たな仕様で発売

2014.08.07 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLK200 エクスクルーシブ」
「メルセデス・ベンツSLK200 エクスクルーシブ」

「メルセデス・ベンツSLK200」新たな仕様で発売

メルセデス・ベンツ日本は2014年8月5日、オープン2シーター「SLKクラス」の1.8リッターモデルについて仕様・装備を見直し、新たなラインナップで発売した。

 

 

今回、1.8リッター直4ターボエンジンを搭載する「SLK200」について、仕様・装備の見直しが実施された。
新たなモデルラインナップと価格は、以下の通り。

■SLK200 MT

シリーズ唯一のマニュアルトランスミッション搭載モデル。今回、シートヒーターと自動防眩(ぼうげん)ミラー(ルームミラー/ドアミラー)が標準装備となった。

価格は据え置きの499万円。

■SLK200 トレンド+

従来の「SLK200 トレンド」に代わるもので、ミリ波レーダーセンサーとカメラを用いて安全運転をサポートする「レーダーセーフティパッケージ」、シートヒーター、自動防眩ミラー(ルームミラー/ドアミラー)が標準で備わる。
オプションで、AMGスタイリングパッケージや18インチAMG 5スポークアルミホイール、AMGスポーツステアリング、専用シートなどを含む「AMGスポーツパッケージ」も選べる。

こちらも価格は据え置きで、512万2000円。

■SLK200 エクスクルーシブ

これまでカタログにあった「SLK200」の装備を充実させたモデル。「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備するとともに、超音波センサーを使った駐車支援システム「パークトロニック」や、「キーレスゴー」も備わる。

価格は620万円。

(webCG)

関連キーワード:
SLKクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る