メルセデス、「SLクラス」の仕様装備を一部変更

2014.08.07 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSL350」
「メルセデス・ベンツSL350」

メルセデス、「SLクラス」の仕様装備を一部変更

メルセデス・ベンツ日本は、オープンスポーツカー「SLクラス」の一部仕様・装備を見直し、2014年8月5日に発売した。

 

今回、「SL350」「SL550」については、スイッチひとつで瞬時にルーフトップの透過率を変更できる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」が標準装備とされた。
ハイパフォーマンスモデル「SL63 AMG」は、5.5リッターV8ツインターボエンジンのアウトプットが増大(537ps、81.6kgm→585ps、91.8kgm)。さらに、リミテッドスリップデフを装備することで、コーナリング性能と走行安定性の向上が図られた。

また、カーボンファイバー製のフロントスポイラーリップやドアミラーなどを含む「AMGカーボンエクステリアパッケージ」に、マットブラックペイント/ポリッシュ仕上げのAMGマルチスポーク鍛造アルミホイール(フロント19インチ/リア20インチ)、AMGパフォーマンスステアリング、専用AMGスポーツサスペンション、AMGドライバーズパッケージなどを加えた「AMGダイナミックパッケージ」がオプション設定された。

SLクラス全モデルの価格は、以下の通り。
・SL350:1224万円
・SL550:1604万5000円
・SL63 AMG:2036万5000円
・SL65 AMG:3137万1000円

(webCG)

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る