新型「BMW X6」日本仕様の受注開始

2014.08.07 自動車ニュース
「BMW X6 xDrive50i」
「BMW X6 xDrive50i」

新型「BMW X6」日本仕様の受注開始

BMWジャパンは2014年8月7日、新型「BMW X6」の注文受付を開始した。

■動力性能と燃費性能を共に改善

BMW X6は、SUVと4ドアクーペの特徴を併せ持つクロスオーバーモデルである。今回の新型はその2代目のモデルに当たり、本国では2014年6月に発表された。

エンジンのラインナップはディーゼルも含めて全5種類となっているが、日本に導入されるのは2種類のガソリンエンジンのみ。ひとつは「xDrive35i」に搭載される3リッター直6ターボで、アウトプットは従来モデルと同じ306ps(225kW)/5800rpm、40.8kgm(400Nm)/1200-5000rpmとなっている。一方、「xDrive50i」に搭載される4.4リッターV8ツインターボは最高出力、最大トルクとも従来モデルを約10%上回る450ps(330kW)/5500rpm、66.3kgm(650Nm)/2000-4500rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションはともに8段AT。駆動方式には前後の駆動トルクを可変配分するフルタイム4WDシステムを採用している。

ボディーについては、エンジンフードをアルミ製、フロントフェンダーを樹脂製としたほか、ダッシュボードの構造部材にマグネシウム合金を用いるなど、各部に軽量素材を採用。モデルに応じて最大約40kgの軽量化を達成しているという(欧州仕様車における従来モデルとの装備差異調整後の数値)。またフロントホイール側面の気流の乱れを抑えるためにダクトを設けるなど、空気抵抗の低減にも注力している。

これらの技術により、新型X6は従来モデルより動力性能を向上。0-100km/h加速については、xDrive35iは従来モデルより0.3秒速い6.4秒を、xDrive50iは同じく0.6秒速い4.8秒を実現した。また、コースティングモード(車速50km/h以上、ECO PROモード選択時に作動)を備えるなど、燃費にも配慮しており、先述の軽量化、空気抵抗低減とも相まって、燃料消費率(NEDC測定値)は両モデルとも約20%改善したという。

■スポーティーな「Mスポーツ」が登場

ラインナップの強化も図っており、xDrive35i、xDrive50iの両グレードに、スタンダードモデルに加えてスポーティーな「Mスポーツ」を設定した。このモデルには、専用の外装パーツや電子制御式サスペンション「アダプティブMサスペンション」を装備するほか、「xDrive50i Mスポーツ」にはリア左右輪への駆動力配分を可変制御することでコーナリング性能を高める「ダイナミック・パフォーマンス・コントロール」も採用している。

安全に関わるものをはじめ、装備類も充実しており、自動緊急ブレーキやアクティブクルーズコントロール、車線逸脱予防警報などの機能からなる「ドライビング・アシスト・プラス」を全車に採用。車両前方および側方をパノラマビューで映し出す「サイド・ビュー・カメラ」も標準装備となるほか、現在の車速やカーナビの矢印表示などをフロントウィンドウに投影する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」をxDrive50iに標準で、xDrive35iにはオプションで用意している。

価格は以下の通り。
・xDrive35i:898万円
・xDrive35i Mスポーツ:975万円
・xDrive50i:1185万円
・xDrive50i Mスポーツ:1285万円

納車については、xDrive50iは2014年12月から、xDrive35iは2015年2月からを予定している。

(webCG)

関連記事
  • 新型「BMW X6」を写真で紹介 2014.6.10 画像・写真 BMWのクロスオーバーモデル「X6」が2代目に。新型の姿を写真で紹介する。
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【試乗記】 2014.12.25 試乗記 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と呼ぶ、クーペルックSUVの元祖「X6」。フルモデルチェンジを受け2世代目となった新型の実力をサーキットで確かめた。
  • BMW X6 M (4WD/6AT)【試乗記】 2009.12.2 試乗記 BMW X6 M (4WD/6AT)
    ……1524万1000円

    「BMW X6」に新しく追加された「Mモデル」。555psのド級パワーを誇る、ハイパフォーマンスSUVの走りを試す。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
ホームへ戻る