三菱が「デリカD:5」を一部改良

2014.08.07 自動車ニュース
「三菱デリカD:5」
「三菱デリカD:5」

三菱が「デリカD:5」を一部改良

三菱自動車は2014年8月7日、ミニバン「デリカD:5」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、クリーンディーゼルエンジン搭載車の動力性能を改善。エンジン制御を見直すことで、発進加速性能とアクセルレスポンスを向上させた。

インテリアについては、全グレードでセンターパネルの色をピアノブラックに変更。「ROADEST G-Power package」「ROADEST G-Premium」ではアッパーグローブボックスも同色とした。また、オプションとして「ラグジュアリーパッケージC」を新設定。これは本木目&本革巻きステアリングホイール、各種木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウインドウスイッチ)をセットにしたもので、「M」や「ROADEST G-Power package」「ROADEST G-Premium」を除く全グレードに対応している。

装備についても強化を図っており、「G-Power package」「D-Power package」にエレクトリックテールゲートをオプション設定した(10月中旬生産分から対応)。

価格は239万7600円~404万6760円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る