三菱が「デリカD:5」を一部改良

2014.08.07 自動車ニュース
「三菱デリカD:5」
「三菱デリカD:5」

三菱が「デリカD:5」を一部改良

三菱自動車は2014年8月7日、ミニバン「デリカD:5」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、クリーンディーゼルエンジン搭載車の動力性能を改善。エンジン制御を見直すことで、発進加速性能とアクセルレスポンスを向上させた。

インテリアについては、全グレードでセンターパネルの色をピアノブラックに変更。「ROADEST G-Power package」「ROADEST G-Premium」ではアッパーグローブボックスも同色とした。また、オプションとして「ラグジュアリーパッケージC」を新設定。これは本木目&本革巻きステアリングホイール、各種木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウインドウスイッチ)をセットにしたもので、「M」や「ROADEST G-Power package」「ROADEST G-Premium」を除く全グレードに対応している。

装備についても強化を図っており、「G-Power package」「D-Power package」にエレクトリックテールゲートをオプション設定した(10月中旬生産分から対応)。

価格は239万7600円~404万6760円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る