レクサスNX200t“Fスポーツ”(FF/6AT)/NX300h“バージョンL”(FF/CVT)/NX300h“Fスポーツ”(4WD/CVT)

ひさびさの力作 2014.08.13 試乗記 “プレミアムコンパクトSUV”をうたう、レクサスの新型SUV「NX」に試乗。その走りは? 乗り心地は? パワートレインや駆動方式の異なる、3つのモデルでチェックした。

親米ブランドの新たな挑戦

日本では「セルシオ」を名乗った、初代「LS」。その発売と同時に、国内メーカーが手掛けるプレミアムブランドとして海外で“レクサス”が立ち上げられたのは、1989年のことだった。

以来、早くも四半世紀。このブランドと共に歩み、その成長をけん引してきたのが、アメリカ市場であることは明白だ。
メルセデス・ベンツやBMWといった歴史ある高級車ブランドの製品に対し、それを凌(しの)ぐ品質と信頼性、さらに低廉な価格を実現させながら、よりきめ細かなサービスと共に提供する――ちょっと語弊はあるかもしれないが、端的に言えばそんな特長を武器としてアメリカへと送り出されたレクサス車は、かの地の、多くの人々の心をしっかりとつかみとることにたちまち成功したのだ。

実は初代LSには、ブレーキランプのトラブルで発売早々にリコールを発表した過去がある。が、その対応を行った後の車両を、「満タン&洗車」したうえでユーザーの元へと返却。それまでのアメリカの自動車販売では考えられなかった、そうした丁重な対応も、当時は話題になったものだ。
まさに、災い転じて福となす! そんな初代LSの成功以降、レクサスはアメリカで“魅力に富んだ新たなプレミアムブランド”として、しっかりと根付いてきたのだ。

一方、アメリカ以外の市場で、このブランドが苦戦を強いられてきたのも事実である。歴史あるブランドが群雄割拠するヨーロッパでは、アメリカでの成功とは裏腹に認知度そのものが今でもなかなか高まらない。「微笑むプレミアム」なる抽象的なキャッチコピーを掲げ、2005年に故国凱旋(がいせん)を目指してついにブランドが立ち上げられた日本でも、苦戦が伝えられたのはご存じの通りだ。

そんなこんなで、結局はクルマづくりそのものも「やはりアメリカの方角を向いて……」というのが、これまでのレクサスの変遷であったのだ。

“Premium Urban Sports Gear”をコンセプトに開発された、レクサスの新型SUV「NX」。日本国内では、2014年7月末に発売された。
“Gear”を感じさせるようなパターンや表皮の仕上げにこだわったというシート。写真は、フィット感やホールド性を一段と向上させた、スポーティーグレード“Fスポーツ”のもの。
定員3人の後席。中央席の背もたれはカップホルダー付きのアームレストにもなる。
側面の張り出しが抑えられた荷室。後席の背もたれを前屈させることで、容量を拡大できる。その電動リクライニング&電動格納用スイッチは、荷室内、後席周辺、前席周辺の最大3カ所に備わる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
レクサスの「NX」は、既存の「RX」よりもひとまわりコンパクトなSUVモデルだ。外寸はRX比で140mm短く、40mm幅が狭く、45mm低くなっている。ホイールベースは、RX比-80mm。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る