「水野和敏的視点」 vol.61 「ルノー・キャプチャー インテンス」

2014.08.08 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.61 「ルノー・キャプチャー インテンス」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「ルノー・キャプチャー」。ルノー・日産アライアンスが生み出した小型クロスオーバー車を、ミスターGT-Rが厳しくチェックする。


「水野和敏的視点」 vol.61 「ルノー・キャプチャー インテンス」の画像

「水野和敏的視点」 vol.61 「ルノー・キャプチャー インテンス」の画像

「水野和敏的視点」 vol.61 「ルノー・キャプチャー インテンス」の画像
ルノー・キャプチャー インテンス
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm/ホイールベース:2605mm/車重:1270kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:120ps/4900rpm/最大トルク:19.4kgm/2000rpm/タイヤ:(前)205/55R17 (後)205/55R17/車両本体価格:267万2000円16 (後)215/60R16/車両本体価格:551万3143円
ルノー・キャプチャー インテンス
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm/ホイールベース:2605mm/車重:1270kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:120ps/4900rpm/最大トルク:19.4kgm/2000rpm/タイヤ:(前)205/55R17 (後)205/55R17/車両本体価格:267万2000円16 (後)215/60R16/車両本体価格:551万3143円

■ルノー・日産アライアンスの成果

最近、「クロスオーバー」と呼ばれるクルマの選択肢がだいぶ増えてきたと思いませんか? それも、いかにもアメリカをターゲットにしたような大型なものではなく、日本の道でも使いやすそうなコンパクトなモデルがだいぶ出そろってきた感があります。そこで今回から、最新のクロスオーバー車をテストしていきたいと思います。そのトップバッターは「ルノー・キャプチャー」。日本では今年の2月に販売が開始された、今がまさに旬のコンパクトクロスオーバー車です。

5ドアボディーのサイズは全長4125×全幅1780×全高1565mm。同社のコンパクトハッチバック「ルーテシア」(4095×1750×1445mm)をひとまわり大きくして“リフトアップ”させたといえば、イメージがつかみやすいかもしれません。搭載されるエンジンは1.2リッター4気筒の直噴ターボ(120ps、19.4kgm)で、これにゲトラク製のツインクラッチ式トランスミッションを組み合わせ、前輪を駆動します。4WDモデルは用意されません。グレードはベーシックな「ゼン」(256万9000円)と、ツートンカラーの外装色を採用した「インテンス」(267万2000円)の2種類があり、今回テストしたのは後者です。

ちなみに、ルノーのクロスオーバー車としては、ルノーが商品企画を、日産が開発を担当した中型の「コレオス」があり、これよりひとまわり小型のキャプチャーも、コレオスと同様にルノー・日産の共同開発車という素性を持っています。いずれもグローバルに展開するモデルらしく、コレオスは韓国、キャプチャーはスペインで生産されます。

さて、そんなキャプチャーですが、第一印象は悪くはありませんでした。“親戚筋”にあたる「日産ジューク」は、ずいぶん子供っぽい外観ですが、キャプチャーはオシャレでカワイイけれど、それなりに価格なりの立派さといいますか、“販価感”はあります。さすがはフランス人のセンス! と言いたいのですが、じっくり観察してみるといろいろなことがわかってきました。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る