第253回:「911」vs「ケイマン」論争の行方は?
ポルシェの“スポーツカーを体験する試乗会”に参加して

2014.08.12 エディターから一言
テストコースのバンクを行く「ボクスター」と「ケイマン」。
テストコースのバンクを行く「ボクスター」と「ケイマン」。

ポルシェの2ドアスポーツカーばかりを集めて“スポーツカー体験”を堪能する試乗会がドイツで開かれるという。「ポルシェ」の「2ドア」で「スポーツカー体験」って一体……? 頭の中にたくさんの疑問符を浮かべながら、筆者は「911」や「ケイマン」、「ボクスター」などが待つデュッセルドルフ近くのテストコースに向かったのであった。

 

一堂に会する「911」シリーズ。
一堂に会する「911」シリーズ。

第253回:「911」vs「ケイマン」論争の行方は?ポルシェの“スポーツカーを体験する試乗会”に参加しての画像

第253回:「911」vs「ケイマン」論争の行方は?ポルシェの“スポーツカーを体験する試乗会”に参加しての画像

いよいよ“論争”に終止符が打てるかも

「911とケイマン、買うんだったらどちらがいい?」
ひと世代前だったら、こんなことで決して悩みはしなかっただろう。クオリティー感でもスタビリティーでも911が絶対に上。ケイマンは軽快感が強いものの、洗練度では911に一歩譲る。これが大方の“911vsケイマン比較”の結論だったのではないか。

ところが、2代目ケイマンが登場したことで、こうした情勢は大きく変化した。新型ケイマンはクオリティー感が大幅にアップ。NVHとひとまとめにされることの多いノイズ、振動、そしてハーシュネスのレベルも一気に改善され、ちょっと乗った程度では911との差はほとんどわからない水準に達した。シャシー面でもスタビリティーやロードホールディング性が大幅に改良されて、いかにもポルシェらしい味わいになっている。

かくいう私も国内試乗会で新型ケイマンと911を乗り比べたことがあるが、このときは911(タイプ991)のなんともいえない上質感と安心感に感心させられたものの、それがどのような特性によって生み出されたものなのか、言葉にして説明することができなかった。言い換えれば、ケイマンと911の性能はそのくらい拮抗(きっこう)していたのである。

ところが、今回、願ってもないチャンスが転がり込んできた。ポルシェの2ドアモデル、つまり911、ケイマン、ボクスターをテストコースで存分に走らせるという試乗会に招かれたのだ。「ひょっとすると、これで自分のなかの“911vsケイマン論争”にも終止符を打てるかもしれない」。そんな期待を胸に抱き、私はデュッセルドルフ行きの飛行機に乗った。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る