第253回:「911」vs「ケイマン」論争の行方は?
ポルシェの“スポーツカーを体験する試乗会”に参加して

2014.08.12 エディターから一言
テストコースのバンクを行く「ボクスター」と「ケイマン」。
テストコースのバンクを行く「ボクスター」と「ケイマン」。

ポルシェの2ドアスポーツカーばかりを集めて“スポーツカー体験”を堪能する試乗会がドイツで開かれるという。「ポルシェ」の「2ドア」で「スポーツカー体験」って一体……? 頭の中にたくさんの疑問符を浮かべながら、筆者は「911」や「ケイマン」、「ボクスター」などが待つデュッセルドルフ近くのテストコースに向かったのであった。

 

一堂に会する「911」シリーズ。
一堂に会する「911」シリーズ。

第253回:「911」vs「ケイマン」論争の行方は?ポルシェの“スポーツカーを体験する試乗会”に参加しての画像

第253回:「911」vs「ケイマン」論争の行方は?ポルシェの“スポーツカーを体験する試乗会”に参加しての画像

いよいよ“論争”に終止符が打てるかも

「911とケイマン、買うんだったらどちらがいい?」
ひと世代前だったら、こんなことで決して悩みはしなかっただろう。クオリティー感でもスタビリティーでも911が絶対に上。ケイマンは軽快感が強いものの、洗練度では911に一歩譲る。これが大方の“911vsケイマン比較”の結論だったのではないか。

ところが、2代目ケイマンが登場したことで、こうした情勢は大きく変化した。新型ケイマンはクオリティー感が大幅にアップ。NVHとひとまとめにされることの多いノイズ、振動、そしてハーシュネスのレベルも一気に改善され、ちょっと乗った程度では911との差はほとんどわからない水準に達した。シャシー面でもスタビリティーやロードホールディング性が大幅に改良されて、いかにもポルシェらしい味わいになっている。

かくいう私も国内試乗会で新型ケイマンと911を乗り比べたことがあるが、このときは911(タイプ991)のなんともいえない上質感と安心感に感心させられたものの、それがどのような特性によって生み出されたものなのか、言葉にして説明することができなかった。言い換えれば、ケイマンと911の性能はそのくらい拮抗(きっこう)していたのである。

ところが、今回、願ってもないチャンスが転がり込んできた。ポルシェの2ドアモデル、つまり911、ケイマン、ボクスターをテストコースで存分に走らせるという試乗会に招かれたのだ。「ひょっとすると、これで自分のなかの“911vsケイマン論争”にも終止符を打てるかもしれない」。そんな期待を胸に抱き、私はデュッセルドルフ行きの飛行機に乗った。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ・ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2015.12.30 試乗記 「ポルシェ・ケイマン」のトップグレード「GT4」に試乗。「911カレラS」のエンジンや「911 GT3」ゆずりの足まわりを得て、MRスポーツカーの走りはどのように仕上がったのか?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
ホームへ戻る