レンジローバー イヴォークの2015年モデル発売

2014.08.08 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ」(以下、写真同じ)
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ」(以下、写真同じ)

「レンジローバー イヴォーク」の2015年モデル、新たな顔ぶれで発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年8月8日、SUV「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の2015年モデルについて、ラインナップと価格を発表した。

 

レンジローバー イヴォークの2015年モデルは、これまでの「ピュア」「プレステージ」「クーペ ダイナミック」に、新たに5ドアモデルの「ダイナミック」と「オートバイオグラフィ」を加えた、全5車種での展開となる。

最上級モデルとなるオートバイオグラフィの特徴としては、以下の装備が挙げられる。
・ボディーサイドおよびテールゲートの「Autobiography」バッジ
・ブライトクロム仕上げのUサラウンド付きアトラスグリル
・アトラス仕上げのフォグランプサラウンド、トーアイアウトレット、トーアイカバーアウトレット
・サントリーニブラック仕上げのトーアイカバー、パークディスタンスコントロール
・パノラミックグラスルーフ
・アダプティブキセノンヘッドランプ
・中央パネルにパーフォレイト加工を施したオックスフォードレザーフロントシート
・パワーテールゲート
・ライトシルバーのコントラストが入ったダイヤモンドターンド仕上げの20インチアロイホイール

さらに今回、エクステリアカラーに新色「フェニックス・オレンジ」を追加。全12色がラインナップされる。
グレードによっては、周囲の状況によりヘッドランプを自動的に切り替える「オートマチック・ハイビーム・アシスト」や、前席および後席のシートヒーターとヒーテッドフロントスクリーンなどを組み合わせた「コールド・クライメイト・パック」といったオプションが用意される。

各モデルの価格は以下の通り。(※印は新たに追加されたもの)

・レンジローバー イヴォーク ピュア:473万円
・レンジローバー イヴォーク ダイナミック:605万円(※)
・レンジローバー イヴォーク プレステージ:605万円
・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック:626万円
・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ:718万円(※)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る