第440回:小沢コージの日本カー・オブ・ザ・イヤー改革案!? 来年は韓国を加えアジアン・オブ・ザ・イヤー部門も作るべきだ〜っ!?

2011.12.07 エッセイ

第440回:小沢コージの日本カー・オブ・ザ・イヤー改革案!?来年は韓国を加えアジアン・オブ・ザ・イヤー部門も作るべきだ〜っ!?

日本カー・オブ・ザ・イヤーを選び終えて、選考委員のひとりである小沢コージが思ったこと。それは・・・・・・

日本の目玉は「変化球」

今年もやってきましたっ! 年男ならぬ“年グルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考会。もはや正直、お正月・クリスマス前の恒例行事って感じで、おなじみ過ぎる気もなきにしもあらずだけど、今年は今年で、一新された東京モーターショーとの合同開催がゆえに結構面白かった。

それは、受賞者の発表が、史上初となる“お台場モーターショー”初日の12月3日に、当の会場「東京ビッグサイト」で行われたことだけが理由じゃない。今年のチャンピオン、いわゆるイヤーカーは、世界初の“超”(?)量産電気自動車(EV)とされる「日産リーフ」。厳密に言うと世界初の量産EVは、2010年4月に一般販売が始まった「三菱i-MiEV」なのだが、リーフはリーフでいきなり年間数万台レベルの生産規模を実現し、世界各地で日産EV工場が稼働するという2015年には年産25万台レベルになるともいわれている。

事業規模がデカく、日産も今まで考えていなかった自社製の急速充電器開発など新たなチャレンジもあったから、結果として得票数522票と2位の「メルセデス・ベンツCクラス」(174票)に対してジャスト3倍の票を集めたと思うんだけど、俺が気になったのは、その前段階の「10ベストカー」のラインナップ。その中身よ。

具体的には、日本車は「トヨタ・プリウスα」「日産リーフ」「ホンダ・フィットシャトル」「マツダ・デミオ スカイアクティブ」「ダイハツ・ミラ イース」とすべてエコカーばかりで、どれも“他にはない環境テクノロジー”の勝負。

プリウスαは言わずと知れた2モーター式(THSIIシステム)のハイブリッドカーで、リーフはEV、フィットシャトルは1モーター式(IMAシステム)ハイブリッド。デミオは超高圧縮比の高効率エンジン、最後のミラ イースは、技術的にはデミオに似てるが、ボディーの軽量化や効率化など、総合力でより頑張ったモノといえる。

それは、野球のピッチャーでいえば変化球勝負、いかにスゴいテクニックかを競うようなものだ。消える魔球なのか、メジャー級の2シームなのか、超スローカーブなのか……みたいな。


第440回:小沢コージの日本カー・オブ・ザ・イヤー改革案!? 来年は韓国を加えアジアン・オブ・ザ・イヤー部門も作るべきだ〜っ!?の画像
今年のイヤーカーに選ばれた「日産リーフ」。
今年のイヤーカーに選ばれた「日産リーフ」。
「メルセデス・ベンツCクラス」。写真右が「ステーションワゴン」で、左が「セダン」。
「メルセデス・ベンツCクラス」。写真右が「ステーションワゴン」で、左が「セダン」。
日本カー・オブ・ザ・イヤー2011-2012の投票結果。リーフが他を圧倒。
日本カー・オブ・ザ・イヤー2011-2012の投票結果。リーフが他を圧倒。
ずらりと並んだ、今年の10ベストカー。
ずらりと並んだ、今年の10ベストカー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』