ダイハツ・コペン ローブ(FF/5MT)

「黄色ナンバー」と侮るなかれ 2014.08.21 試乗記 走りも意外や本格派? 初代から受け継がれたリトラクタブルハードトップや、話題を集める「着せ替えボディー」だけにとどまらない、新型「コペン」の魅力に触れた。

買って、乗って、着せ替えて

新型コペンの車種構成は単純明快だ。迷うとしたら、CVTか5段MTか、だけである。
12年前に出た初代モデルは、取り外し可能なハードトップも選べたが、2代目は“伝統”のアクティブトップのみ。トランクリッドには“Robe(ローブ)”という名が記してあるが、それはこのカタチのコペンの総称である。ローブじゃないコペンは今年秋に「X(クロス)モデル」(仮称)という、やたらオーバーフェンダーを強調したモデルが出るらしい。さらに2015年には、初代に似た丸目ノーズも加わるとか。

しかし、なぜそんな買い手を躊躇(ちゅうちょ)させるような“あと出し”戦略をあえてとるのかといえば、新型コペンの大きな売りがボディー外板の着せ替えだからである。
ローブを買って、とてもコペンの芸風とは思えないアストンマセラティみたいな顔にやっぱりなじめなかった場合、1年くらい待てば、丸目顔に換えることができる、かどうか、まだ出ていないのでここで確約はできないが、そういうふうに、買ったあとも楽しんでくださいというのが新型コペンのメッセージである。それなら、無料着せ替え券みたいなものを付けて売ったらどうかなと思う。

今回、約570km試してみたのは、5段MTモデル。数が出ないので、182万円の価格はCVTより約2万円高い。MTモデルにはアイドリングストップ機構はなく、カタログ燃費(JC08モード値22.2km/リッター)はCVTより1割ほどドロップし、エコカー減税のランクも下がる。それでも、発表以来、受注の2割はMTが頑張っているそうだ。

2014年6月に発表・発売された2代目「ダイハツ・コペン」。
2014年6月に発表・発売された2代目「ダイハツ・コペン」。
内装色はブラウンとブラック(オプション)の2色。ダッシュボードやセンタークラスターには、カーボン調の加飾パネルを採用している。
内装色はブラウンとブラック(オプション)の2色。ダッシュボードやセンタークラスターには、カーボン調の加飾パネルを採用している。
トランクリッドやフューエルリッドのオープナーは、センターコンソールの中に配置される。この辺りの操作性は、初代「コペン」に通じるものがある。
トランクリッドやフューエルリッドのオープナーは、センターコンソールの中に配置される。この辺りの操作性は、初代「コペン」に通じるものがある。
トランクリッドに備わる「Robe(ローブ)」のエンブレム。2014年秋には、「新ジャンル感・アクティブ感を表現した」という「X(クロス)モデル」の投入も予定されている。
トランクリッドに備わる「Robe(ローブ)」のエンブレム。2014年秋には、「新ジャンル感・アクティブ感を表現した」という「X(クロス)モデル」の投入も予定されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る