クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

レクサスNX 開発者インタビュー

自信が持てるSUV 2014.08.14 試乗記 Lexus International
製品企画 主幹
西山景一(にしやま けいいち)さん

レクサスの新たなSUVとして、2014年7月末に国内デビューを飾った「NX」。その誕生の背景や開発にまつわるエピソードを、開発担当者に聞いた。

小さいだけでは満たされない

――レクサスには既にRXというSUVがあり、市場でも十分存在感を示しているようです。そこに今回、どんないきさつで、新たなSUVを作ることになったのでしょうか?

NXの企画が始まったのは、2009年。ちょうど、RXが3代目になった年ですね。“アメリカナイズ”されたRXは、代が変わるごとに、どんどん大きくなりました。それで、市場からも高い評価を受け続けています。一方で、このころ、「新たな勢力=コンパクトSUVが台頭してきたな」ということも意識されるようになりました。ならばメーカーとしては、商機と捉えて取り組まねば……というのが、経緯です。

――その“新勢力”=ライバル車とは、具体的にはどういったモデルでしょう?

ずばり、アウディの「Q5」ですね。開発当初からベンチマークにしてきました。例えば、ユーティリティーに関わるボディーサイズは、両モデルともほぼ同じ。取り回しのよさを考えて、NXは全幅がより抑えられていますが。
開発の途中で、さらにコンパクトな「アウディQ3」が登場しましたが(2011年)、こちらは価格の点でNXに近い。お客さまから見れば、条件次第でQ5あるいはQ3がライバル、ということになるかもしれません。同様に今は、BMWの「X3」と「X1」、メルセデス・ベンツの「GLKクラス」と「GLAクラス」も比較対象に挙げられるでしょう。

――訴求のポイントは、やはり「今までなかった小さめサイズ」ということになるでしょうか。

ええ。ただ、それだけではダメなのです。ひとくちにコンパクトSUVといっても、“どういう方向性のプロダクトなのか”が大事なんです。
それを探るべく北米でヒアリングをした際にわかったことですが、例えばQ5のユーザーは、より大きな「Q7」のオーナーに対して引け目を感じているところがありました。
軽くて小さいことに十分なメリットを感じられればいいのですが、それが足りないと、「安い方に流れただけ?」などと引け目を覚えることになるわけです。だから、小さいだけではいけない。単なる“ミニRX”は、求められていないのです。

“プレミアムコンパクトSUV”と称する、レクサスの新型車「NX」。日本国内では、2014年7月29日に発売された。価格帯は、ターボ車の「NX200t」が428万円~518万円。ハイブリッドモデル「NX300h」が492万円~582万円。
“プレミアムコンパクトSUV”と称する、レクサスの新型車「NX」。日本国内では、2014年7月29日に発売された。価格帯は、ターボ車の「NX200t」が428万円~518万円。ハイブリッドモデル「NX300h」が492万円~582万円。
    拡大
「レクサスNX」の基礎となるプラットフォームは、トヨタの「RAV4」や「ハリアー」で実績のある“中床プラットフォーム”に大幅に手を加えたもの。ボディーサイズは「RX」比で140mm短く、40mm幅が狭く、45mm低くなっている。
「レクサスNX」の基礎となるプラットフォームは、トヨタの「RAV4」や「ハリアー」で実績のある“中床プラットフォーム”に大幅に手を加えたもの。ボディーサイズは「RX」比で140mm短く、40mm幅が狭く、45mm低くなっている。
    拡大
金属製フレームのようなセンタークラスターを中心にすえるインテリア。素材の持つ質感の表現にもこだわったという。
金属製フレームのようなセンタークラスターを中心にすえるインテリア。素材の持つ質感の表現にもこだわったという。
    拡大
<プロフィール>
1991年、トヨタ自動車に入社。実験部に配属の後、ブレーキ開発、さらにシャシーの先行開発に取り組む。2004年からはセダン「レクサスIS」の製品企画を担当し、今回SUV「NX」の開発に関わった。
<プロフィール>
    1991年、トヨタ自動車に入社。実験部に配属の後、ブレーキ開発、さらにシャシーの先行開発に取り組む。2004年からはセダン「レクサスIS」の製品企画を担当し、今回SUV「NX」の開発に関わった。
    拡大

作り手にも“ささった”コンセプト

――サイズ以外にも、確かに魅力的と感じられる要素とは……?

マーケティング調査を続ける中で、「スポーツカー好きはSUVも好き」という事実もわかってきました。そこで、ラグジュアリーでゆったりしたRXとは対照的な、スポーツカー的な要素を持つ“キビキビしたハンドリングのSUV”を目指して、NXの開発が始まりました。コンセプトを固めるまでが2年間。正式なスタート時期は2011年です。

――コンセプトには「Premium Urban Sports Gear」を掲げていますね。

練りに練ったキーワードです。この言葉は、開発チーム全体にも、非常によく浸透しました。おかげでみんなが一枚岩になれて、いい開発作業ができたと思っています。
このコンセプトを受けて、まずデザイナーが、それにふさわしいカタチを提案する。すると運動性能の開発担当は「あの動物的な外見にふさわしい足まわりを作らなきゃ!」となる。さらに、インテリアは、エンジンは……という具合です。共通項が「スポーツギア」で統一されて、それに見合うパーツ、そして性能が作り上げられることになりました。

――“ギア”という言葉にも、こだわりを感じます。

見てよし、走ってよし……と、いくつか開発のポイントがある中で、それらに先立つものとして、「SUVのユーティリティー」を根本的な条件に掲げました。
デザイナー、人間工学の研究者、被験者などを交えて繰り返しトライ&エラーを重ねた結果は、例えば、高すぎず低すぎず、絶妙に乗り降りしやすい高さにも表れていると自負しています。もっとも、世の中の全てのユーザーをひとり残らず満足させることはできないかもしれない。でも、スポーツカーらしいカタチを生かしながら、最大限、“デザイン”と“ユーティリティーのあるパッケージ”をバランスさせられたと思っています。
また、後席の格納を車内の3カ所からできるようにしたり、剛性感のある折り畳み収納式のトノカバーを採用したりと、細部の使い勝手にもこだわりました。ひじ掛けのところにある、取り外し式のバニティーミラーに気付かれましたか? サンバイザー付属の鏡よりもいいと、女性だけでなく男性にも好評なんですよ。

大きく張り出したフェンダーやサイドのキャラクターラインが目を引く、「NX」のエクステリア。ユーザーの平均年齢は、既存のレクサス車に比べ10歳ほど若くなると予想されている。写真はターボ車の「NX200t“Fスポーツ”」。


    大きく張り出したフェンダーやサイドのキャラクターラインが目を引く、「NX」のエクステリア。ユーザーの平均年齢は、既存のレクサス車に比べ10歳ほど若くなると予想されている。写真はターボ車の「NX200t“Fスポーツ”」。
    拡大

「スポーツカーのSUVを作れ! などという言葉も飛び交っていましたよ」。西山主幹が、「NX」の開発現場を振り返る。


    「スポーツカーのSUVを作れ! などという言葉も飛び交っていましたよ」。西山主幹が、「NX」の開発現場を振り返る。
    拡大
センターコンソール部には、走行モードの選択スイッチや、タッチパッド式の操作デバイス「リモートタッチ」が置かれる。その手前にある小物入れのふたは、裏がバニティーミラーになっている(写真中央)。
センターコンソール部には、走行モードの選択スイッチや、タッチパッド式の操作デバイス「リモートタッチ」が置かれる。その手前にある小物入れのふたは、裏がバニティーミラーになっている(写真中央)。
    拡大
荷室の様子。フロア下には予備の収納スペースも確保されており、取り外したトノカバーを格納することもできる。
荷室の様子。フロア下には予備の収納スペースも確保されており、取り外したトノカバーを格納することもできる。
    拡大

世界から期待されるクルマ

――レクサス初となる2リッターターボエンジンもトピックのひとつですね。NXのために開発したものですか?

ターボエンジンは、2005年ごろからパワーユニットの開発部隊が独自に開発を進めていたものです。当時レクサスはハイブリッドに注力していましたが、欧州で高効率なターボエンジンに光が当たり始めたのを受けて、ハイブリッドに続く効率型のパワーユニットとして着手したのです。
その彼らがスポーティーなSUV=NXの開発計画を聞きつけて、「それに載せたらピッタリじゃないか?」と。(トヨタにとって)20年ぶりのターボエンジンというメッセージ性もありましたし。そんな経緯で、“幸せなお見合い結婚”が成立しました。
基本的にNXは、このターボとハイブリッドの2本立てで展開することになります。一部の国では、自然吸気ユニットも投入されますが。

――世界のどの地域で扱われるのでしょう? 特に期待される市場はありますか?

現在レクサスディーラーのあるところ、つまり日本、北米、南米、欧州、中国、ロシア、オーストラリア、東南アジア、中近東など……世界中で販売する予定です。
このクルマは本当に、ありとあらゆる地域から引き合いがあるんです。ワールドプレミアに際しても、「ぜひ、わが国のオートショーで行ってほしい」という申し出を複数いただきました。生産・販売時期との兼ね合いもあって、結果的に中国(2014年4月の北京モーターショー)に落ち着きましたが。

通常、プロトタイプができると、ディーラー関係の商品研修をするんです。このNXもですが、海外・日本を問わず、参加者がみんな笑顔で帰っていったのはとても印象的でした。当初から、このクルマはきっとお客さまに受け入れていただけるという自信はありましたが、それはこの半年間で、“確信”に変わりました。

(インタビューとまとめ=webCG 関 顕也/写真=webCG)

アグレッシブなデザインのフロントまわり。片側3連のフルLEDヘッドランプや矢じり型のクリアランスランプが個性を主張する。
アグレッシブなデザインのフロントまわり。片側3連のフルLEDヘッドランプや矢じり型のクリアランスランプが個性を主張する。
    拡大
エキゾーストマニホールド一体型のシリンダーヘッドを持つ、レクサス初の「NX200t」用ターボエンジン。1650rpmの低回転域から、最大トルク35.7kgmを発生する。
エキゾーストマニホールド一体型のシリンダーヘッドを持つ、レクサス初の「NX200t」用ターボエンジン。1650rpmの低回転域から、最大トルク35.7kgmを発生する。
    拡大

レクサスNX【開発者インタビュー】の画像 拡大

レクサスNX【開発者インタビュー】の画像 拡大