レクサスNX 開発者インタビュー

自信が持てるSUV 2014.08.14 試乗記 Lexus International
製品企画 主幹
西山景一(にしやま けいいち)さん

レクサスの新たなSUVとして、2014年7月末に国内デビューを飾った「NX」。その誕生の背景や開発にまつわるエピソードを、開発担当者に聞いた。

小さいだけでは満たされない

――レクサスには既にRXというSUVがあり、市場でも十分存在感を示しているようです。そこに今回、どんないきさつで、新たなSUVを作ることになったのでしょうか?

NXの企画が始まったのは、2009年。ちょうど、RXが3代目になった年ですね。“アメリカナイズ”されたRXは、代が変わるごとに、どんどん大きくなりました。それで、市場からも高い評価を受け続けています。一方で、このころ、「新たな勢力=コンパクトSUVが台頭してきたな」ということも意識されるようになりました。ならばメーカーとしては、商機と捉えて取り組まねば……というのが、経緯です。

――その“新勢力”=ライバル車とは、具体的にはどういったモデルでしょう?

ずばり、アウディの「Q5」ですね。開発当初からベンチマークにしてきました。例えば、ユーティリティーに関わるボディーサイズは、両モデルともほぼ同じ。取り回しのよさを考えて、NXは全幅がより抑えられていますが。
開発の途中で、さらにコンパクトな「アウディQ3」が登場しましたが(2011年)、こちらは価格の点でNXに近い。お客さまから見れば、条件次第でQ5あるいはQ3がライバル、ということになるかもしれません。同様に今は、BMWの「X3」と「X1」、メルセデス・ベンツの「GLKクラス」と「GLAクラス」も比較対象に挙げられるでしょう。

――訴求のポイントは、やはり「今までなかった小さめサイズ」ということになるでしょうか。

ええ。ただ、それだけではダメなのです。ひとくちにコンパクトSUVといっても、“どういう方向性のプロダクトなのか”が大事なんです。
それを探るべく北米でヒアリングをした際にわかったことですが、例えばQ5のユーザーは、より大きな「Q7」のオーナーに対して引け目を感じているところがありました。
軽くて小さいことに十分なメリットを感じられればいいのですが、それが足りないと、「安い方に流れただけ?」などと引け目を覚えることになるわけです。だから、小さいだけではいけない。単なる“ミニRX”は、求められていないのです。

“プレミアムコンパクトSUV”と称する、レクサスの新型車「NX」。日本国内では、2014年7月29日に発売された。価格帯は、ターボ車の「NX200t」が428万円~518万円。ハイブリッドモデル「NX300h」が492万円~582万円。
“プレミアムコンパクトSUV”と称する、レクサスの新型車「NX」。日本国内では、2014年7月29日に発売された。価格帯は、ターボ車の「NX200t」が428万円~518万円。ハイブリッドモデル「NX300h」が492万円~582万円。
「レクサスNX」の基礎となるプラットフォームは、トヨタの「RAV4」や「ハリアー」で実績のある“中床プラットフォーム”に大幅に手を加えたもの。ボディーサイズは「RX」比で140mm短く、40mm幅が狭く、45mm低くなっている。
「レクサスNX」の基礎となるプラットフォームは、トヨタの「RAV4」や「ハリアー」で実績のある“中床プラットフォーム”に大幅に手を加えたもの。ボディーサイズは「RX」比で140mm短く、40mm幅が狭く、45mm低くなっている。
金属製フレームのようなセンタークラスターを中心にすえるインテリア。素材の持つ質感の表現にもこだわったという。
金属製フレームのようなセンタークラスターを中心にすえるインテリア。素材の持つ質感の表現にもこだわったという。
<プロフィール>
1991年、トヨタ自動車に入社。実験部に配属の後、ブレーキ開発、さらにシャシーの先行開発に取り組む。2004年からはセダン「レクサスIS」の製品企画を担当し、今回SUV「NX」の開発に関わった。
<プロフィール>
    1991年、トヨタ自動車に入社。実験部に配属の後、ブレーキ開発、さらにシャシーの先行開発に取り組む。2004年からはセダン「レクサスIS」の製品企画を担当し、今回SUV「NX」の開発に関わった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る