フェラーリ458スペチアーレ(MR/7AT)

R指定したい 2014.08.20 試乗記 単なる「458イタリア」の軽量ハイパワー仕様だろう、などと高をくくってはいけない。パワーウェイトレシオを2.13kg/psまでそぎ落とし、0-100km/hを3秒でこなす「458スペチアーレ」の走りはもはや別物。V8フェラーリの頂点と呼ぶにふさわしい、どう猛さと洗練を併せ持つスペシャルに仕上がっていた。箱根のワインディングロードで試乗した。

“誰にでも”の解釈

専用開発されたというミシュラン・パイロットスポーツ カップ2のトレッド面にはびっくりするほどの砂利が貼り付いていた。まるでコースアウトしたレーシングカーのスリックタイヤである。山道の途中の砂利が浮いた舗装の駐車場にちょっと足を踏み入れただけで、今時こんなきな粉もちのようになる標準装着タイヤなどめったにない。しまった、と感じるより先にその強力なグリップを想像してゾッとする。やはりただ者ではない。

そう、ただ者ではないということを繰り返し自らに言い聞かせておかないと、つい人当たりの良さ、イージーさに慣れ切ってしまいそうで怖いのが昨今のフェラーリだ。事実、不機嫌そうに飛ばす営業「プリウス」に東名高速でついていくぐらいなら、ATモードのままでちょっとだけ踏めば2500rpmそこそこでトントンとシフトアップ、まったくなんの造作もない。しかし、どんなにフレンドリーでもそこはフェラーリ、しかもこれは究極のV8フェラーリと言うべき458イタリアをさらに研ぎ澄ませた高性能版「スペチアーレ」である。

最近ちょっと引っかかるのが、いわゆるスーパースポーツカーであっても、敷居を低く間口を広くしたことを強調する風潮だ。高性能でありながらより快適に、よりストレスなく……ぐらいは許容範囲だろうが、誰にでも乗れる、毎日乗れるスーパーカーと言ってしまうのはアウトオブバウンズではないか。軽自動車なら当たり前でも、スーパースポーツの世界でそれを自ら公言するのは自縄自縛のジレンマに進んで落ち込むようなものだと思う。そうでなければ、速くて楽ちんな車が好きなニューリッチたちの気持ちはたちまち他に移ってしまうのかもしれないが、エクスクルーシブ性を大切にするのであれば、ここは最も取扱注意である。その点やはり、フェラーリはお金持ち相手のビジネスの年季が違う。「プロドライバーでなくても最高の性能を引き出せる……」とは言っても、上手に「誰でもいつでも」という類いの表現を避けている。ビジネスとして必要なPRと、一番大事なカスタマー向けの発言のバランスを考えているなと感じるのだ。

かつて自動車界の再編が話題になっていた頃、いかに短い開発期間で完成したか、つまりいかに効率よく資本を使って収益性を高めているかを得意げにアピールするメーカー(主に米国系)が目立ったが、今ではその種の言葉を耳にすることはない。経営指標に興味があるアナリストや株主向けならまだしも、その車のユーザーやクルマ好きにはちっともうれしくない情報だったからである。もちろん受け取る側次第ではあるが、誰にでも毎日乗れるスーパーカーという表現には同じ匂いを感じるのだ。

「458スペチアーレ」は「360チャレンジ ストラダーレ」や「430スクーデリア」の後継となるV8フェラーリベースのスペシャルモデル。ちなみにフェラーリは「スペチアーレ」(英語の「スペシャル」に相当)の名称を1960年代の後半に、ショーモデルにしばしば使ったが、量産車ではあまり例がない。
「458スペチアーレ」は「360チャレンジ ストラダーレ」や「430スクーデリア」の後継となるV8フェラーリベースのスペシャルモデル。ちなみにフェラーリは「スペチアーレ」(英語の「スペシャル」に相当)の名称を1960年代の後半に、ショーモデルにしばしば使ったが、量産車ではあまり例がない。
このクルマの大きな見どころに、空力性能の改善がある。フロントバンパー下部(跳ね馬エンブレムの両脇の黒い部分)にはフラップが備わり、速度に応じて動き、空力性能の最適化を図る。
このクルマの大きな見どころに、空力性能の改善がある。フロントバンパー下部(跳ね馬エンブレムの両脇の黒い部分)にはフラップが備わり、速度に応じて動き、空力性能の最適化を図る。
リアディフューザーでは、テールパイプレイアウトを見直すことで表面積の拡大を図り、ダウンフォースを強化した。またフロントと同様に可動式のフラップを備え、ダウンフォースが必要なときは上がり、ドラッグを削減したいときは下がる(最大引き下げ角は17度)。
リアディフューザーでは、テールパイプレイアウトを見直すことで表面積の拡大を図り、ダウンフォースを強化した。またフロントと同様に可動式のフラップを備え、ダウンフォースが必要なときは上がり、ドラッグを削減したいときは下がる(最大引き下げ角は17度)。
Cl値(ダウンフォース)は0.53で、Cd値は0.35。リアスポイラーは大型化され、迎え角が強められている。
Cl値(ダウンフォース)は0.53で、Cd値は0.35。リアスポイラーは大型化され、迎え角が強められている。
リアエンドのデザインも変更を受け、メッシュグリルが全幅にわたって設けられた。試乗車のボディーカラーはモデナイエロー。オプションのレーシングストライプが入る。
リアエンドのデザインも変更を受け、メッシュグリルが全幅にわたって設けられた。試乗車のボディーカラーはモデナイエロー。オプションのレーシングストライプが入る。
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.5.23 画像・写真 最高出力800psのV12エンジンを搭載する、フェラーリの新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」が日本上陸。東京都内で初披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る