BMW M3セダン(FR/7AT)

できすぎたマシン 2014.08.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。

走る前からフツーじゃない

試乗車はイメージカラーのブルーだった。M3がこの色!? というようなサプライズカラーだが、鍛造ホイールのグレーで足もとがキマると、すごみがあってカッコイイ。

基本形はすでに見慣れた「3シリーズ」だが、新型M3で目につくのは、“ツインストーク”(stalkとは花の茎の意)と呼ばれるシャープなドアミラーと、もはやオーバーフェンダーと言っていいくらいに張り出したリアのフェンダーフレアだ。
275/40ZR18を収めるこのリアフェンダーのおかげで、ボディー全幅は「320i」より75mm広がっている。そのために、ボディー本体がかえってキュッと引き締まって見えるのがまたM3のカッコよさである。

この7月から日本でもデリバリーが始まった、新型M3の大きな特徴は、“帰ってきた直列6気筒”である。賛否の分かれた4リッターV8をやめ、それまで2代続いたストレートシックスに戻った。
「M4クーペ」と共用する新しい直6エンジンは、3リッターツインターボ。431psの最高出力は、旧型V8のプラス11ps。最大トルクは40%増え、一方、燃費は25%改善された。

その虎の子の新エンジンを拝もうと、アルミボンネットを開けると、まず目に飛び込んでくるのは巨大なブーメランのようなカーボン製ストラットタワーバーである。
カーボンといえば、M3セダンとしては初めてカーボンルーフを標準装備する。プロペラシャフトも“一本もの”のカーボン製。そうした軽量アイテムの積み重ねで、車重(1640kg)は320iスポーツの100kg増しに収まる。それでいながらパワーは2.3倍。速いのはあたりまえだ。

大きく張り出したフェンダーが目を引くリアビュー。黒く見えるルーフパネルは、軽量かつ高剛性なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製である。


	大きく張り出したフェンダーが目を引くリアビュー。黒く見えるルーフパネルは、軽量かつ高剛性なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製である。
エアロダイナミクスを追及してデザインされたサイドミラー。
エアロダイナミクスを追及してデザインされたサイドミラー。
オプションを選択したテスト車のインストゥルメントパネル周辺には、高級なナッパレザーやメリノレザーがおごられる。
オプションを選択したテスト車のインストゥルメントパネル周辺には、高級なナッパレザーやメリノレザーがおごられる。
「M3」史上最強の、431psと56.1kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。先代比4割増しの大トルクを発生する一方で、燃費は約3割向上している。ブーメラン型のCFRP製ストラットタワーバーは、その剛性の高さと軽さ(単体重量1.5kg)がウリ。
「M3」史上最強の、431psと56.1kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。先代比4割増しの大トルクを発生する一方で、燃費は約3割向上している。ブーメラン型のCFRP製ストラットタワーバーは、その剛性の高さと軽さ(単体重量1.5kg)がウリ。

日本国内では2014年2月に受注が開始された、新型「BMW M3セダン」。同年7月にはデリバリーがスタートした。


	日本国内では2014年2月に受注が開始された、新型「BMW M3セダン」。同年7月にはデリバリーがスタートした。
関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
ホームへ戻る