BMW M3セダン(FR/7AT)

できすぎたマシン 2014.08.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。

走る前からフツーじゃない

試乗車はイメージカラーのブルーだった。M3がこの色!? というようなサプライズカラーだが、鍛造ホイールのグレーで足もとがキマると、すごみがあってカッコイイ。

基本形はすでに見慣れた「3シリーズ」だが、新型M3で目につくのは、“ツインストーク”(stalkとは花の茎の意)と呼ばれるシャープなドアミラーと、もはやオーバーフェンダーと言っていいくらいに張り出したリアのフェンダーフレアだ。
275/40ZR18を収めるこのリアフェンダーのおかげで、ボディー全幅は「320i」より75mm広がっている。そのために、ボディー本体がかえってキュッと引き締まって見えるのがまたM3のカッコよさである。

この7月から日本でもデリバリーが始まった、新型M3の大きな特徴は、“帰ってきた直列6気筒”である。賛否の分かれた4リッターV8をやめ、それまで2代続いたストレートシックスに戻った。
「M4クーペ」と共用する新しい直6エンジンは、3リッターツインターボ。431psの最高出力は、旧型V8のプラス11ps。最大トルクは40%増え、一方、燃費は25%改善された。

その虎の子の新エンジンを拝もうと、アルミボンネットを開けると、まず目に飛び込んでくるのは巨大なブーメランのようなカーボン製ストラットタワーバーである。
カーボンといえば、M3セダンとしては初めてカーボンルーフを標準装備する。プロペラシャフトも“一本もの”のカーボン製。そうした軽量アイテムの積み重ねで、車重(1640kg)は320iスポーツの100kg増しに収まる。それでいながらパワーは2.3倍。速いのはあたりまえだ。

大きく張り出したフェンダーが目を引くリアビュー。黒く見えるルーフパネルは、軽量かつ高剛性なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製である。


	大きく張り出したフェンダーが目を引くリアビュー。黒く見えるルーフパネルは、軽量かつ高剛性なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製である。
エアロダイナミクスを追及してデザインされたサイドミラー。
エアロダイナミクスを追及してデザインされたサイドミラー。
オプションを選択したテスト車のインストゥルメントパネル周辺には、高級なナッパレザーやメリノレザーがおごられる。
オプションを選択したテスト車のインストゥルメントパネル周辺には、高級なナッパレザーやメリノレザーがおごられる。
「M3」史上最強の、431psと56.1kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。先代比4割増しの大トルクを発生する一方で、燃費は約3割向上している。ブーメラン型のCFRP製ストラットタワーバーは、その剛性の高さと軽さ(単体重量1.5kg)がウリ。
「M3」史上最強の、431psと56.1kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。先代比4割増しの大トルクを発生する一方で、燃費は約3割向上している。ブーメラン型のCFRP製ストラットタワーバーは、その剛性の高さと軽さ(単体重量1.5kg)がウリ。

日本国内では2014年2月に受注が開始された、新型「BMW M3セダン」。同年7月にはデリバリーがスタートした。


	日本国内では2014年2月に受注が開始された、新型「BMW M3セダン」。同年7月にはデリバリーがスタートした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る