ルノー・ルーテシアGT(FF/6AT)

数字だけでは語れない 2014.08.18 試乗記 ルノー・ルーテシアに追加された新たなスポーツグレード「GT」。スペックシートには表れないこのクルマの魅力と、それを支えるルノー・マジックの正体に触れた。

ルノーのクルマはまかふしぎ

特筆するような素材を使っているわけでも、刮目(かつもく)するような生産技術を用いているわけでもない。つまりは、日本のメーカーでもかなえられるボディー剛性やサスペンション形式を用いながら、なんでこれほどの動的質感が出せるのか――。

われわれがルノーに対して抱いている謎めいた印象は、日本の自動車メーカーのエンジニアにしてもしかりらしい。試乗会の席などで話をすると、ルノーの話はよく俎上(そじょう)に載っかってくる。いわく「上司に報告しづらいクルマ」とか。よくよく聞いてみると、同様の構成である自社のクルマと比べていいところはたくさんあるも、その良さを数値化し比較することは難しく、感触として伝えるしかないということだった。

そんなことを言われた日には、根拠どころか資格も運転免許だけという僕の仕事など立つ瀬がないわけだが、確かにルノーのクルマのことをロジカルに説明するのは、例えばフォルクスワーゲンのクルマのことをそうするよりも格段に難儀だ。

この、ルーテシアGTに乗った時もそうだった。もし僕がエンジニアだとすれば、この良さをどういう風に周囲に、上司に説明すればいいのだろうか。少なくとも数字には置き換えようがない。バラバラにして各部剛性なんかを測ってみても、恐らく「ホンダ・フィット」辺りに毛が生えたようなデータしか採れないだろう。ボディー構造も素材も工法も、サスペンション形式もブレーキシステムも、一瞥(いちべつ)できるものは、あらかた日本車と似たようなものである。

そう思いながら技説の資料をほじくり返してみていたら、ルーテシアGTにまつわる数字がチラッと現れた。いわく「フロントサスはバネが40%、ダンパーが30%、ノーマルより硬められている」と。加えて広報の方いわく「リアサスのトーションビームは欧州で売られている『クリオ』のワゴンのヤツを使っています」と。つまり基本的なセットアップは「ルーテシアR.S.」の穏やかな方、「シャシースポール」のセットアップを基にして、高速走行での応答性や剛性を高めているということだ。

「ルーテシア」の中でも、「GT」は「ルノースポール」に次ぐスポーツグレードにあたり、足まわりを中心に、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールのチューニングが施されている。
「ルーテシア」の中でも、「GT」は「ルノースポール」に次ぐスポーツグレードにあたり、足まわりを中心に、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールのチューニングが施されている。
インテリアではステアリングホイールやシートのヘッドレスト、サイドシルなど、各所に「GT」のロゴをあしらっている。
インテリアではステアリングホイールやシートのヘッドレスト、サイドシルなど、各所に「GT」のロゴをあしらっている。
前席は、ファブリック表皮のスポーツシートを採用。色は黒のみの設定となる。
前席は、ファブリック表皮のスポーツシートを採用。色は黒のみの設定となる。
アクセルおよびブレーキペダルには、滑り止めのラバーが付いたアルミペダルを採用している。
アクセルおよびブレーキペダルには、滑り止めのラバーが付いたアルミペダルを採用している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る