「ルノー・カングー」にジャムがテーマの限定車

2014.08.29 自動車ニュース
「ルノー・カングー コンフィチュール」(ボディーカラー:ルージュ パボ メタリック)
「ルノー・カングー コンフィチュール」(ボディーカラー:ルージュ パボ メタリック)
    拡大

「ルノー・カングー」にジャムがテーマの限定車

ルノー・ジャポンは2014年8月29日、「カングー」の特別仕様車「コンフィチュール」を100台限定で発売した。

(ボディーカラー:ブルー ボルガ)
(ボディーカラー:ブルー ボルガ) 拡大

「ルノー・カングー」にジャムがテーマの限定車の画像 拡大

「ルノー・カングー」にジャムがテーマの限定車の画像 拡大

「ルノー・カングー」にジャムがテーマの限定車の画像 拡大

「ルノー・カングー」にジャムがテーマの限定車の画像 拡大

今回の特別仕様車は、フランスのパティシエ、ピエール・エルメのコンフィチュール(ジャム)をテーマにしたもので、ボディーカラーには「ルージュ パボ メタリック」と「ブルー ボルガ」を採用。前者はラズベリーやローズ、ライチの入った「イスパハン」というフレーバーを、後者はカシスやバニラ、スミレの入った「アンヴィ」と呼ばれるフレーバーをイメージしたものとなっている。

また、これらのボディーカラーに合わせてコーディネートされた赤、青のシフトブーツや、パノラミックルーフなどを特別装備している。

これらを含む、具体的な装備の内容は以下の通り。
・パノラミックルーフ(フロント:チルトアップ、脱着可能左右2分割グラスルーフ、リア:固定式グラスルーフ)
・ブラックホイール/ブラックセンターキャップ/ブラックホイールボルトカバー
・トリコロールセレクション リアライセンスプレートカバー
・赤のシフトブーツ/ボディーカラー:ルージュ パボ メタリック
・青のシフトブーツ/ボディーカラー:ブルー ボルガ
・専用ステッカー「イスパハン」(リアドア)/ボディーカラー:ルージュ パボ メタリック
・専用ステッカー「アンヴィ」(リアドア)/ボディーカラー:ブルー ボルガ

トランスミッションは4段ATのみの設定。価格は249万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る