「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」

2014.08.15 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす当企画。今回の主役は「メルセデス・ベンツGLAクラス」。メルセデス初のコンパクトクロスオーバー車の実力を、ミスターGT-Rがじっくりとチェックする。


「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像

「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像

「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像
メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4455×1805×1495mm/ホイールベース:2700mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:211ps/5500rpm/最大トルク:35.7kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)235/50R18 (後)235/50R18/車両本体価格:499万円
メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4455×1805×1495mm/ホイールベース:2700mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:211ps/5500rpm/最大トルク:35.7kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)235/50R18 (後)235/50R18/車両本体価格:499万円

■幅広いラインナップ

今回も最新のクロスオーバー車を取り上げます。前回の「ルノー・キャプチャー」に続いては、メルセデス・ベンツの「GLAクラス」です。

GLAクラスは、「Aクラス」や「Bクラス」などとコンポーネンツを共用するクロスオーバーモデルです。日本に輸入されるのは、1.6リッター直噴ターボ(122ps、20.4kgm)を搭載した「GLA180」と、2リッター直噴ターボ(211ps、35.7kgm)を積む「GLA250 4MATIC」で、それにAMGブランドの「GLA45 AMG 4MATIC」が加わります。このAMG仕様に搭載される2リッター直噴ターボは、実に360psと45.9kgmまでチューンされています。

また、GLA180とGLA250 4MATICには、標準仕様のほかに、サスペンションを約10mmローダウンしてハンドリングを軽快に仕立てた「スポーツ」と、逆に約30mmアップしてロードクリアランスを稼いだ「オフロード」という仕様が用意されています。

その中から今回テストするのはGLA250 4MATICのスポーツ仕様で、車体価格は499万円です。1.6リッターモデルの同様の仕様(399万円)より100万円高い価格設定です。

必要とあらば自動で急ブレーキを踏む「CPAプラス」(緊急ブレーキ機能)、走行中に斜め後方の死角に他者がいることを警告する「ブラインドスポットアシスト」、渋滞時には停止までしてくれる追従機構「ディストロニック・プラス」、車線の逸脱を知らせる「レーンキーピングアシスト」などは「レーダーセーフティパッケージ」というセットオプション(19万5400円)で供されます。テスト車にはこれが装備されていました。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る