「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」

2014.08.15 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす当企画。今回の主役は「メルセデス・ベンツGLAクラス」。メルセデス初のコンパクトクロスオーバー車の実力を、ミスターGT-Rがじっくりとチェックする。


「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像

「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像

「水野和敏的視点」 vol.62 「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像
メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4455×1805×1495mm/ホイールベース:2700mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:211ps/5500rpm/最大トルク:35.7kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)235/50R18 (後)235/50R18/車両本体価格:499万円
メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4455×1805×1495mm/ホイールベース:2700mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:211ps/5500rpm/最大トルク:35.7kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)235/50R18 (後)235/50R18/車両本体価格:499万円

■幅広いラインナップ

今回も最新のクロスオーバー車を取り上げます。前回の「ルノー・キャプチャー」に続いては、メルセデス・ベンツの「GLAクラス」です。

GLAクラスは、「Aクラス」や「Bクラス」などとコンポーネンツを共用するクロスオーバーモデルです。日本に輸入されるのは、1.6リッター直噴ターボ(122ps、20.4kgm)を搭載した「GLA180」と、2リッター直噴ターボ(211ps、35.7kgm)を積む「GLA250 4MATIC」で、それにAMGブランドの「GLA45 AMG 4MATIC」が加わります。このAMG仕様に搭載される2リッター直噴ターボは、実に360psと45.9kgmまでチューンされています。

また、GLA180とGLA250 4MATICには、標準仕様のほかに、サスペンションを約10mmローダウンしてハンドリングを軽快に仕立てた「スポーツ」と、逆に約30mmアップしてロードクリアランスを稼いだ「オフロード」という仕様が用意されています。

その中から今回テストするのはGLA250 4MATICのスポーツ仕様で、車体価格は499万円です。1.6リッターモデルの同様の仕様(399万円)より100万円高い価格設定です。

必要とあらば自動で急ブレーキを踏む「CPAプラス」(緊急ブレーキ機能)、走行中に斜め後方の死角に他者がいることを警告する「ブラインドスポットアシスト」、渋滞時には停止までしてくれる追従機構「ディストロニック・プラス」、車線の逸脱を知らせる「レーンキーピングアシスト」などは「レーダーセーフティパッケージ」というセットオプション(19万5400円)で供されます。テスト車にはこれが装備されていました。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.8.19 試乗記 メルセデス・ベンツが放つ、SUVのニューモデル「GLAクラス」に試乗。その走りは、ほかのクルマとどう違う? 乗り心地や燃費はどうなのか? スポーティーグレード「GLA250 4MATICスポーツ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2014.6.20 試乗記 メルセデス・ベンツが手掛けるコンパクトSUV「GLAクラス」が上陸。その走りは、既存のモデルとどう違う? 一般道とオフロードコースで、実力を確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る