スバルの新型スポーツセダン「WRX S4」デビュー

2014.08.25 自動車ニュース
「スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight」
「スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight」

スバルの新型スポーツセダン「WRX S4」デビュー

富士重工業は2014年8月25日、新型スポーツセダン「スバルWRX S4」を発表。同日、販売を開始した。

「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」の外観。ヘッドランプは、ロービームとクリアランスランプにLEDを採用している。
「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」の外観。ヘッドランプは、ロービームとクリアランスランプにLEDを採用している。
下部にディフューザー形状のデザインを取り入れたバンパーや、4本出しのマフラーが特徴のリアビュー。
下部にディフューザー形状のデザインを取り入れたバンパーや、4本出しのマフラーが特徴のリアビュー。

■走りのよさに加え、安全性能や環境性能も追求

スバルの新型「WRX」シリーズは、富士重が「Pure Power in Your Control」という商品コンセプトのもと、優れた走行性能を気軽に楽しめることをテーマに開発した、4WDのスポーツセダンである。

ラインナップは「S4」と「STI」の2モデルで、特に前者に関しては、「スバル最高峰のAWDスポーツパフォーマンス」「独自の総合安全性能」「優れた環境性能」「洗練された質感」という4つの価値を追求。S4というモデル名についても、これら4つの価値を表す「Sports performance」「Safety performance」「Smart driving」「Sophisticated feel」という意を込めたネーミングとなっている。

駆動方式は4WDのみ。「VTD-AWD」と呼ばれるシステムを採用しており、基本は前軸:後軸=45:55の比率でトルクを配分する。
駆動方式は4WDのみ。「VTD-AWD」と呼ばれるシステムを採用しており、基本は前軸:後軸=45:55の比率でトルクを配分する。
「WRX S4」の足まわり。ブレーキには、前後とも17インチのベンチレーテッドディスクを採用している。
「WRX S4」の足まわり。ブレーキには、前後とも17インチのベンチレーテッドディスクを採用している。
「DIT」と呼ばれるスバル独自の直噴技術を採用した2リッター直4ターボエンジン。
「DIT」と呼ばれるスバル独自の直噴技術を採用した2リッター直4ターボエンジン。
トランスミッションは「スポーツリニアトロニック」と呼ばれる高トルク対応のCVT。
トランスミッションは「スポーツリニアトロニック」と呼ばれる高トルク対応のCVT。

■300psの高出力と13.2km/リッターの燃費性能を両立

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4595×1795×1475mm、ホイールベースは2650mm。歴代の“WRX”と同様に、水平対向ターボエンジンと4WDシステムを組み合わせた、いわゆる「シンメトリカルAWD」のレイアウトを採用している。またボディーとサスペンション各部の剛性を高め、サスペンションジオメトリーの最適化を図ることで、ステアリング操作に対する車両の反応速度を高めるとともに、コーナリングの限界性能を向上。徹底的な走り込みによるサスペンションチューニングを施すことで、フラットで快適な乗り心地も実現しているという。

姿勢制御システムも充実しており、マルチモードVDC(ビークルダイナミクスコントロール)やアクティブトルクベクタリングを標準で装備。燃費性能を向上させるために電動パワーステアリングを採用したほか、ステアリングギアボックスの取り付け剛性を高めるなど、ダイレクトな操舵(そうだ)フィーリングも追求している。また利便性向上のため、WRXシリーズとして初めて電動式パーキングブレーキを用いている。

エンジンは「レヴォーグ」などにも搭載している「FA20」型の2リッター水平対向4気筒直噴ターボで、最高出力は300ps(221kW)/5600rpm、最大トルクは40.8kgm(400Nm)/2000-4800rpmを発生。燃費性能は13.2km/リッター(JC08モード)を実現している。

これに組み合わされるトランスミッションは高トルク対応のCVT「スポーツリニアトロニック」。変速モードは、通常の無段変速に加えて8段のステップ変速モードも設定がある。

駆動システムは「VTD-AWD」と呼ばれるフルタイム4WDで、通常はセンターデフにより前軸:後軸=45:55の比率で駆動力を配分。走行状況に応じてこの比率を可変制御する。

各所にカーボン調の加飾パネルを用いた「WRX S4」のインテリア。ステアリングホイールは、小径のDシェイプタイプとなる。
各所にカーボン調の加飾パネルを用いた「WRX S4」のインテリア。ステアリングホイールは、小径のDシェイプタイプとなる。
車内空間に関しては、従来モデルより室内幅、室内長ともに拡大。シートは「2.0GT EyeSight」ではファブリックとトリコットの、「2.0GT-S EyeSight」ではアルカンターラと本革のコンビタイプとなる。
車内空間に関しては、従来モデルより室内幅、室内長ともに拡大。シートは「2.0GT EyeSight」ではファブリックとトリコットの、「2.0GT-S EyeSight」ではアルカンターラと本革のコンビタイプとなる。
操舵支援機能である「アクティブレーンキープ」は、車速65km/h以上、かつクルーズコントロールをセットした状態でのみ作動する。
操舵支援機能である「アクティブレーンキープ」は、車速65km/h以上、かつクルーズコントロールをセットした状態でのみ作動する。
ダークガンメタリック塗装のホイールが目を引く「2.0GT EyeSight」。トランクリップスポイラーはオプションで選択することができる。
ダークガンメタリック塗装のホイールが目を引く「2.0GT EyeSight」。トランクリップスポイラーはオプションで選択することができる。

■第3世代のEyeSightを標準装備

動力性能だけでなく、パッケージングについても改善を図っている。具体的には、ホイールベースを25mm延長し、その分をリアシートの足元スペース拡大にあてることで後席の居住性を向上。ドアの内部構造やトリム形状を見直し、ボディーの全幅は従来モデルと同等ながら、室内幅を広げ、ひじや肩まわりによりゆとりを持たせた。

またAピラーの下端を200mm前へ移し、ドアミラーをフロントドアパネルに取り付けることで運転席からの視界を改善。フロント、リアともにドア開口部を広げ、乗降性を向上させている。ラゲッジルームの容量についても、従来モデル(WRX STI)より40リッター大きい460リッターを確保。後席には6:4の分割可倒機構を採用している。

安全装備については、「レヴォーグ」から導入を開始した運転支援システム「EyeSight(ver.3)」を採用。センサーに用いるステレオカメラの視野拡大と、カラー認証技術の投入により、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付きクルーズコントロールの性能を向上させている。またレーンキーピングアシストには、新たに自動操舵技術によってドライバーのステアリング操作をサポートする機能を採用した。

パッシブセーフティーについても、高張力鋼板の採用の拡大と各ストラクチャーの結合の強化などにより、全方位からの衝突に対して優れた安全性を確保。同時に、フロントフードやバルクヘッドに衝撃吸収機構を採用し、エンジンルーム側に衝撃吸収部材を設けるなどして、歩行者保護性能を高めているという。

グレード構成はベーシックな「2.0GT EyeSight」と上級仕様の「2.0GT-S EyeSight」の2種類。後者はハイラスター塗装の18インチアルミホイールや、インテリアのレッドステッチ、アルカンターラと本革のコンビシート、大型のトランクリップスポイラーなどが特徴となっている。

価格は以下の通り。
・WRX S4 2.0GT EyeSight:334万8000円
・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:356万4000円

(webCG)

→「スバルWRX STI」のニュースはこちら
 

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
ホームへ戻る