第361回:ジェラテリア屋台の主人は「特命銀行員」だった!

2014.08.22 エッセイ

行列のできるジェラート屋台

「夏はジェラートの季節」などという人がいる。だがイタリアでは、年間を通じてジェラテリア(ジェラート店)に人が絶えることはない。
スーツを着たおじいさんも散歩のついでに同じ年代の仲間とジェラートを食べている。そうした光景を目撃するたび、「ああいう老人に私もなりたい」とボクは思う。

この夏訪れたイタリア中部スタッジャ・セネーゼの「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」でのことだ。行列ができている一角があった。よく見ると、フォルクスワーゲン(VW)の初代「タイプ2 トランスポーター」を使ったジェラテリアだった。まさにイベントにぴったりの屋台である。中をのぞくと、おじさんと若者の計2名が忙しく働いている。

「おじさん、これ何年型ですか?」
お客が一瞬途絶えたのを見計らって、ボクは声をかけてみた。
すると、千歳飴(ちとせあめ)の袋に描かれている老人のような、そのおじさんから「これは遠く1967年に、ベルギーで登録されたものですよ」と答えが返ってきた。これは、ただアイキャッチのためにタイプ2を買ったのではない、とみた。

2014年7月、イタリア中部スタッジャ・セネーゼで開催された「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」で。人気のジェラテリア屋台は、「フォルクスワーゲン・タイプ2」の改造車。


    2014年7月、イタリア中部スタッジャ・セネーゼで開催された「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」で。人気のジェラテリア屋台は、「フォルクスワーゲン・タイプ2」の改造車。
ケータリング式ジェラテリア「Frullallà(フルッララー)」の店主ロベルト・ロージさん(写真右)と、おいっ子のジャンルーカさん。
ケータリング式ジェラテリア「Frullallà(フルッララー)」の店主ロベルト・ロージさん(写真右)と、おいっ子のジャンルーカさん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。