よりスポーティーな「アバルト595」が登場【ボローニャモーターショー2011】

2011.12.06 自動車ニュース

【ボローニャモーターショー2011】よりスポーティーな「アバルト595」が登場

伊フィアットは、第36回ボローニャモーターショー(一般公開日:2011年12月3日〜11日)で、「アバルト500」ベースのスポーティーな派生モデル「595トゥーリズモ」と「595コンペティツィオーネ」を発表した。

「アバルト595」は「500」をベースに、よりパワフルに仕立てられたモデル。IHI製のターボチャージャーを備えた1.4リッター直4は、エンジンカスタマイズキットの装着により160psを発生。「スポーツモード」選択時に、3000rpmで23.5kgmの最大トルクに達する。最高速は211km/h、0-100km/h加速は7.4秒。燃費は15.4km/リッター(欧州複合サイクル)と発表されている。

グレードは「トゥーリズモ」と「コンペティツィオーネ」の2種類が用意される。「トゥーリズモ」は、スポーツ性を志向しながらも、快適でパーソナルな空間を求めるユーザーに向けた仕様という。ギアボックスはATモード付き5段シーケンシャルトランスミッションが標準で搭載され、黒いレザーステアリングの背後にシフトパドルが用意される。シートは赤いレザーが張られたスポーツタイプとなる。

一方、「コンペティツィオーネ」は、よりスポーツ志向でエンスージアスティックなユーザーに向けた仕様という。トランスミッションは5段MTとなり、チタンカラーに塗られた17インチアルミホイールの間から、黄色いブレンボ製ブレーキキャリパーがのぞく。室内にはレザーとアルカンターラが組み合わされたサベルト製の「アバルト コルサ」スポーツシートが装着され、レーシーな雰囲気を盛り上げている。

(webCG 竹下)

「アバルト595トゥーリズモ」
「アバルト595トゥーリズモ」
「アバルト595トゥーリズモ」
「アバルト595トゥーリズモ」
 
よりスポーティーな「アバルト595」が登場【ボローニャモーターショー2011】の画像
「アバルト595コンペティツィオーネ」
「アバルト595コンペティツィオーネ」
 
よりスポーティーな「アバルト595」が登場【ボローニャモーターショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595ツーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る