専用内外装の特別な「スズキ・エスクード」登場

2014.08.20 自動車ニュース
「スズキ・エスクード ランドブリーズ」
「スズキ・エスクード ランドブリーズ」

専用内外装の特別な「スズキ・エスクード」登場

スズキは2014年8月20日、SUV「エスクード」に特別仕様車「ランドブリーズ」を設定し、販売を開始した。

今回のランドブリーズは、LEDリングイルミネーション付きフォグランプやガンメタリック塗装の18インチアルミホイールなどを装着したエクステリアや、ブラックを基調に各所にシャンパンゴールドの加飾を取り入れたインテリアが特徴の特別仕様車である。

装備については、電動サンルーフや本革巻きのステアリングホイール、専用フロアマットを採用。また、フロントシートの背もたれと座面には「クオーレモジュレ」と呼ばれる、はっ水機能に加え、夏は熱くなりにくく冬は冷たく感じにくい特性を備えた素材を用いることで、快適性と機能性を高めている。

主な装備については、以下の通り。
・メッキフロントグリル(スモーククリア塗装)
・LEDリングイルミネーション付きマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
・専用ブラックメッキリアライセンスガーニッシュ
・専用ボディーサイドメッキモール
・バックドアモール(光輝処理)
・専用18インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・ルーフレール
・ルーフエンドスポイラー
・マフラーテールカバー
・「LANDBREEZE」エンブレム(左右フロントドア、バックドア)
・電動サンルーフ
・専用シート表皮(クオーレモジュレ採用、フロントのみ)
・専用ドアトリムクロス(シルバーステッチ付き)
・本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ)
・専用インパネセンターガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・専用ステアリングベゼル(シャンパンゴールド)
・専用シフトノブガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・専用メーターリング(シャンパンゴールド)
・専用サイドルーバーリング(シャンパンゴールド)
・専用ドアトリムガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・ステアリングオーディオスイッチ
・専用フロアマット(「LANDBREEZE」ロゴ入り)

ボディーカラーは特別設定色の「スチールシルバーメタリック」「クールカーキパールメタリック」に、「ブルーイッシュブラックパール3」「パールホワイト」を加えた全4色。価格は242万2440円。

なお、今回の特別仕様車の設定と同時に、カタログモデルについても一部改良を実施。新デザインのシート表皮を採用したほか、ESPを全車に標準装備とした。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
ホームへ戻る