専用内外装の特別な「スズキ・エスクード」登場

2014.08.20 自動車ニュース
「スズキ・エスクード ランドブリーズ」
「スズキ・エスクード ランドブリーズ」

専用内外装の特別な「スズキ・エスクード」登場

スズキは2014年8月20日、SUV「エスクード」に特別仕様車「ランドブリーズ」を設定し、販売を開始した。

今回のランドブリーズは、LEDリングイルミネーション付きフォグランプやガンメタリック塗装の18インチアルミホイールなどを装着したエクステリアや、ブラックを基調に各所にシャンパンゴールドの加飾を取り入れたインテリアが特徴の特別仕様車である。

装備については、電動サンルーフや本革巻きのステアリングホイール、専用フロアマットを採用。また、フロントシートの背もたれと座面には「クオーレモジュレ」と呼ばれる、はっ水機能に加え、夏は熱くなりにくく冬は冷たく感じにくい特性を備えた素材を用いることで、快適性と機能性を高めている。

主な装備については、以下の通り。
・メッキフロントグリル(スモーククリア塗装)
・LEDリングイルミネーション付きマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
・専用ブラックメッキリアライセンスガーニッシュ
・専用ボディーサイドメッキモール
・バックドアモール(光輝処理)
・専用18インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・ルーフレール
・ルーフエンドスポイラー
・マフラーテールカバー
・「LANDBREEZE」エンブレム(左右フロントドア、バックドア)
・電動サンルーフ
・専用シート表皮(クオーレモジュレ採用、フロントのみ)
・専用ドアトリムクロス(シルバーステッチ付き)
・本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ)
・専用インパネセンターガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・専用ステアリングベゼル(シャンパンゴールド)
・専用シフトノブガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・専用メーターリング(シャンパンゴールド)
・専用サイドルーバーリング(シャンパンゴールド)
・専用ドアトリムガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・ステアリングオーディオスイッチ
・専用フロアマット(「LANDBREEZE」ロゴ入り)

ボディーカラーは特別設定色の「スチールシルバーメタリック」「クールカーキパールメタリック」に、「ブルーイッシュブラックパール3」「パールホワイト」を加えた全4色。価格は242万2440円。

なお、今回の特別仕様車の設定と同時に、カタログモデルについても一部改良を実施。新デザインのシート表皮を採用したほか、ESPを全車に標準装備とした。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.5.18 試乗記 スズキのコンパクトクロスオーバー「SX4」がフルモデルチェンジ。名前も新たに「SX4 Sクロス」となった新型の試乗を通し、今日におけるスズキの“登録車”の実力を探った。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】NEW 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
ホームへ戻る