富士重工業、新型「スバルWRX STI」を発売

2014.08.25 自動車ニュース
「スバルWRX STI Type S」
「スバルWRX STI Type S」

富士重工業、新型「スバルWRX STI」を発売

富士重工業は2014年8月25日、新型スポーツセダン「スバルWRX STI」を発表し、発売した。

インテリアでは、各部に用いられた赤いアクセントが「WRX STI」の特徴。
インテリアでは、各部に用いられた赤いアクセントが「WRX STI」の特徴。

■新たに「WRX STI」という名前でデビュー

WRX STIは、従来の「インプレッサWRX STI」の後継車種となる新型スポーツセダンである。これまではCセグメントモデル「インプレッサ」ベースの高性能車という扱いだったが、今回からは「WRX」シリーズのトップグレードとなり、車名も晴れて「WRX STI」と呼ばれるようになった。

シャシー性能を磨き上げることで、300ps超のターボエンジンがもたらす「絶対的な速さを意のままに操る」という商品コンセプトを実現したという。

「WRX STI」のボディー骨格。
「WRX STI」のボディー骨格。
「WRX STI」のサスペンション。左がフロント、右がリアのもの。
「WRX STI」のサスペンション。左がフロント、右がリアのもの。

■従来モデルからシャシー性能を大幅に強化

ボディーやシャシーに関しては基本的に「WRX S4」と共通で、ステアリングレスポンスとコーナリングの限界性能を高めるため、各部の剛性向上とサスペンションジオメトリーの最適化を実施。従来のインプレッサWRX STIと比べ、ボディーについてはねじり剛性を40%以上、曲げ剛性を30%以上、足まわりについてはフロントトレッド剛性を14%、リアトレッド剛性を38%向上させた。

これらに加え、WRX STIではさらに素早いステアリングレスポンスを実現するため、フロントに専用の倒立式ストラットサスペンションを採用。エンジンマウントの改良により、コーナリング時などに発生するパワーユニットの無駄な動きを抑制したほか、ステアリング機構を支えるマウントブッシュの剛性を従来比で400%、トーションバーの剛性を同125%に向上させ、操舵(そうだ)に対する応答性を改善している。なお、パワーステアリングシステムにはS4と同じ電動式ではなく、油圧式を採用している。

308psの最高出力を発生する2リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン。ECU制御の改良により、加速レスポンスが向上している。
308psの最高出力を発生する2リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン。ECU制御の改良により、加速レスポンスが向上している。
トランスミッションは6段MTのみの設定。各部に改良を施すことで、操作フィールを改善している。
トランスミッションは6段MTのみの設定。各部に改良を施すことで、操作フィールを改善している。
機械式と電子制御式の、2つのLSDを装備したセンターデフのカット模型。
機械式と電子制御式の、2つのLSDを装備したセンターデフのカット模型。
フロントのサスペンションとブレーキ。写真はビルシュタインダンパーを備えた「STI Type S」のもの。
フロントのサスペンションとブレーキ。写真はビルシュタインダンパーを備えた「STI Type S」のもの。

■エンジンやドライブトレインの各部に改良を実施

心臓部には最高出力308ps(227kW)/6400rpm、最大トルク43.0kgm(422Nm)/4400rpmのEJ20型2リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。基本的には従来モデルと同じユニットだが、より緻密なECU制御を採用することで、加速レスポンスを大幅に向上させた。これに組み合わせるトランスミッションは6段MTのみの設定で、メインロッドにディテント(戻り止め)を追加したり、リバースギアのスプリングをチューニングしたりすることで、シフトの操作感と正確さを改善している。

駆動システムについても基本は従来モデルと共通で、センターデフに機械式と電子制御式の2つのLSDを組み込んだフルタイム4WDを採用。基本的な前後軸間のトルク配分は前:後ろ=41:59となっている。また、ドライバーの任意で3種類の中からLSDの制御モードを選択したり、差動制限トルクを段階的に調整したりできる「マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」システムを標準装備している。

このほかにも、フロントデフにはヘリカル式の、リアデフにはトルセン式のLSDをそれぞれ採用。姿勢制御システムとしては、エンジントルク抑制制御のみをカットする「トラクションモード」を備えた「マルチモードVDC」や、コーナリング時にフロント内輪にブレーキをかけてアンダーステアを抑制する「アクティブ・トルク・ベクタリング」を採用している。

ブレーキはフロント、リアともにブレンボと共同開発したSTI専用のものを装備。ローターは前後とも冷却効率に優れた楕円(だえん)リブ形状の17インチベンチレーテッドタイプで、フロントには異径ピストンの対向4ポット、リアにはオフセットピストンの対向2ポットのキャリパーを組み合わせている。

タイヤサイズは前後共通で245/40R18。ダンロップの「SPORT MAXX RT」が純正装着される。

「STI Type S」に装備されるBBSの鍛造ホイール。ベースグレード「STI」の鋳造ホイールより、1本あたり1kgほど軽い。
「STI Type S」に装備されるBBSの鍛造ホイール。ベースグレード「STI」の鋳造ホイールより、1本あたり1kgほど軽い。
「WRX STI」
「WRX STI」
「WRX STI Type S」
「WRX STI Type S」

■グレードは2種類、価格は379万800円から

ラインナップは「STI」と「STI Type S」の2種類で、後者にはBBS製の鍛造アルミホイールやビルシュタイン製ダンパー、大型のリアスポイラーなどを標準装備。ボディーカラーは「アイスシルバー・メタリック」「ダークグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「ライトニングレッド」に、新採用の「WRブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」を加えた全6色を用意している。

主要諸元
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4595×1795×1475mm
ホイールベース:2650mm
車重:1480kg(STI Type Sは1490kg)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:308ps(227kW)/6400rpm
最大トルク:43.0kgm(422Nm)/4400rpm
タイヤ:(前)245/40R18/(後)245/40R18(ダンロップSPORT MAXX RT)
燃費:9.4km/リッター(JC08モード)

価格
・STI:379万800円
・STI Type S:411万4800円

(webCG)

→「スバルWRX S4」のニュースはこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.19 試乗記 高性能スポーツセダンの「スバルWRX STI」をベースに、エンジン、制御システム、ボディー、シャシー、内外装と、STIが余すところなく独自の改良を施したコンプリートカー「S207」。400台限定のスペシャルモデルならではの、“ツルシのWRX STI”との違いを明らかにする。
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
ホームへ戻る