富士重工業、新型「スバルWRX STI」を発売

2014.08.25 自動車ニュース
「スバルWRX STI Type S」
「スバルWRX STI Type S」
    拡大

富士重工業、新型「スバルWRX STI」を発売

富士重工業は2014年8月25日、新型スポーツセダン「スバルWRX STI」を発表し、発売した。

インテリアでは、各部に用いられた赤いアクセントが「WRX STI」の特徴。
インテリアでは、各部に用いられた赤いアクセントが「WRX STI」の特徴。
    拡大

■新たに「WRX STI」という名前でデビュー

WRX STIは、従来の「インプレッサWRX STI」の後継車種となる新型スポーツセダンである。これまではCセグメントモデル「インプレッサ」ベースの高性能車という扱いだったが、今回からは「WRX」シリーズのトップグレードとなり、車名も晴れて「WRX STI」と呼ばれるようになった。

シャシー性能を磨き上げることで、300ps超のターボエンジンがもたらす「絶対的な速さを意のままに操る」という商品コンセプトを実現したという。

「WRX STI」のボディー骨格。
「WRX STI」のボディー骨格。
    拡大
「WRX STI」のサスペンション。左がフロント、右がリアのもの。
「WRX STI」のサスペンション。左がフロント、右がリアのもの。
    拡大

■従来モデルからシャシー性能を大幅に強化

ボディーやシャシーに関しては基本的に「WRX S4」と共通で、ステアリングレスポンスとコーナリングの限界性能を高めるため、各部の剛性向上とサスペンションジオメトリーの最適化を実施。従来のインプレッサWRX STIと比べ、ボディーについてはねじり剛性を40%以上、曲げ剛性を30%以上、足まわりについてはフロントトレッド剛性を14%、リアトレッド剛性を38%向上させた。

これらに加え、WRX STIではさらに素早いステアリングレスポンスを実現するため、フロントに専用の倒立式ストラットサスペンションを採用。エンジンマウントの改良により、コーナリング時などに発生するパワーユニットの無駄な動きを抑制したほか、ステアリング機構を支えるマウントブッシュの剛性を従来比で400%、トーションバーの剛性を同125%に向上させ、操舵(そうだ)に対する応答性を改善している。なお、パワーステアリングシステムにはS4と同じ電動式ではなく、油圧式を採用している。

308psの最高出力を発生する2リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン。ECU制御の改良により、加速レスポンスが向上している。
308psの最高出力を発生する2リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン。ECU制御の改良により、加速レスポンスが向上している。
    拡大
トランスミッションは6段MTのみの設定。各部に改良を施すことで、操作フィールを改善している。
トランスミッションは6段MTのみの設定。各部に改良を施すことで、操作フィールを改善している。
    拡大
機械式と電子制御式の、2つのLSDを装備したセンターデフのカット模型。
機械式と電子制御式の、2つのLSDを装備したセンターデフのカット模型。
    拡大
フロントのサスペンションとブレーキ。写真はビルシュタインダンパーを備えた「STI Type S」のもの。
フロントのサスペンションとブレーキ。写真はビルシュタインダンパーを備えた「STI Type S」のもの。
    拡大

■エンジンやドライブトレインの各部に改良を実施

心臓部には最高出力308ps(227kW)/6400rpm、最大トルク43.0kgm(422Nm)/4400rpmのEJ20型2リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。基本的には従来モデルと同じユニットだが、より緻密なECU制御を採用することで、加速レスポンスを大幅に向上させた。これに組み合わせるトランスミッションは6段MTのみの設定で、メインロッドにディテント(戻り止め)を追加したり、リバースギアのスプリングをチューニングしたりすることで、シフトの操作感と正確さを改善している。

駆動システムについても基本は従来モデルと共通で、センターデフに機械式と電子制御式の2つのLSDを組み込んだフルタイム4WDを採用。基本的な前後軸間のトルク配分は前:後ろ=41:59となっている。また、ドライバーの任意で3種類の中からLSDの制御モードを選択したり、差動制限トルクを段階的に調整したりできる「マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」システムを標準装備している。

このほかにも、フロントデフにはヘリカル式の、リアデフにはトルセン式のLSDをそれぞれ採用。姿勢制御システムとしては、エンジントルク抑制制御のみをカットする「トラクションモード」を備えた「マルチモードVDC」や、コーナリング時にフロント内輪にブレーキをかけてアンダーステアを抑制する「アクティブ・トルク・ベクタリング」を採用している。

ブレーキはフロント、リアともにブレンボと共同開発したSTI専用のものを装備。ローターは前後とも冷却効率に優れた楕円(だえん)リブ形状の17インチベンチレーテッドタイプで、フロントには異径ピストンの対向4ポット、リアにはオフセットピストンの対向2ポットのキャリパーを組み合わせている。

タイヤサイズは前後共通で245/40R18。ダンロップの「SPORT MAXX RT」が純正装着される。

「STI Type S」に装備されるBBSの鍛造ホイール。ベースグレード「STI」の鋳造ホイールより、1本あたり1kgほど軽い。
「STI Type S」に装備されるBBSの鍛造ホイール。ベースグレード「STI」の鋳造ホイールより、1本あたり1kgほど軽い。
    拡大
「WRX STI」
「WRX STI」
    拡大
「WRX STI Type S」
「WRX STI Type S」
    拡大

■グレードは2種類、価格は379万800円から

ラインナップは「STI」と「STI Type S」の2種類で、後者にはBBS製の鍛造アルミホイールやビルシュタイン製ダンパー、大型のリアスポイラーなどを標準装備。ボディーカラーは「アイスシルバー・メタリック」「ダークグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「ライトニングレッド」に、新採用の「WRブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」を加えた全6色を用意している。

主要諸元
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4595×1795×1475mm
ホイールベース:2650mm
車重:1480kg(STI Type Sは1490kg)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:308ps(227kW)/6400rpm
最大トルク:43.0kgm(422Nm)/4400rpm
タイヤ:(前)245/40R18/(後)245/40R18(ダンロップSPORT MAXX RT)
燃費:9.4km/リッター(JC08モード)

価格
・STI:379万800円
・STI Type S:411万4800円

(webCG)

→「スバルWRX S4」のニュースはこちら
 

関連キーワード:
WRX STIスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.23 試乗記 991型「ポルシェ911」の集大成ともいえるスペシャルモデル「GT3 RS」に、ニュルブルクリンクGPコースで試乗。軽量ボディーに歴代GT3 RS最高となる520psの自然吸気エンジンを載せたマシンは、緊張感と高揚感をドライバーにもたらした。
ホームへ戻る