MINI ONE(FF/6AT)

ブレない存在 2014.08.28 試乗記 3代目となった新型「MINI」に、エントリーグレードの「ONE」が登場。試乗を通して実感した、「愛されキャラ」であり続けるための秘訣(ひけつ)とは?

思い浮かぶはあの歌声

箱根まで往復して、家に帰り、新型MINIのカタログをつらつらと眺めるにつけ、私はそれまでの疑問符をすっかり忘れて、う~む、これはいいなぁと思い始めていた。とにかくオプションがいっぱいある。MINI ONEの場合、ボディーカラーはソリッドの白とオレンジの2色のみが標準で、6色あるメタリックはすべてオプション。ホイールはスチールが標準で、6種類のアロイホイールが用意されている。私だったら、どれにするか、とあれこれ夢想するうちに、MINIと私の生活というものが浮かんでくるのだった。

MINIとは、ひとつの個性である。少なくとも私が試乗したMINI ONEの広報車は、いわゆる「いいクルマ」かどうか、ということで申し上げれば、強固なボディーの剛性感以外は賛同できかねる部分があった。けれども、そんなことはMINIにとって問題ではない。最も重要なのは、MINIのままでいることなのである。とりわけ、MINIブランドにあって、最も安価かつ最も燃費のよいモデルであるところのONEを選ぶ人にとっては。

そういうクルマづくりをBMWのMINIは実行している。だれもグッド・ガールを求めていない。♪Let it go! MINIのままの姿見せるのよ~。英語の歌詞にはこうある。

I am ONE with the wind and sky

無理やりでもなんでも、なんとかともかく、21世紀のこんにちにおいてなお、MINIであり続けることを選んだクルマ、それが現代のMINIなのだ。

であるからして、私がここで申し上げる、「乗り心地が悪くない?」というような感想は悪口雑言でもなんでもない。まるでラバーコーン・サスペンションみたいにゴムの塊感があって、よい路面を高速で走る場合は気持ちよいけれど、そうでない場合は、終始上下動がある。もし、このような評価をマイナスであると考え、快適性をアピールしたいのであれば、どうしてわざわざオプションの16インチ、ランフラットタイヤを広報車に履かせたりするものでしょう?

ラバーコーン・サスペンション!? それこそミニ! だって、これはMINIなのだから。
♪Let it go!

「MINI」のエントリーグレードにあたる「ONE(ワン)」。2014年7月に発売された新型は、1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する。
「MINI」のエントリーグレードにあたる「ONE(ワン)」。2014年7月に発売された新型は、1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する。
インテリアの基本的な意匠は「クーパー」や「クーパーS」と共通。テスト車にはダークシルバーの加飾パネルが装着されていた。
インテリアの基本的な意匠は「クーパー」や「クーパーS」と共通。テスト車にはダークシルバーの加飾パネルが装着されていた。
シート表皮はファブリック。オプションでシートヒーターなどが用意されている。
シート表皮はファブリック。オプションでシートヒーターなどが用意されている。
リアシートは6:4の分割可倒式。2人の定員に対し、カップホルダーは3つ備えられている。
リアシートは6:4の分割可倒式。2人の定員に対し、カップホルダーは3つ備えられている。
ちなみに、本文中に出てくる歌詞はディズニー映画『アナと雪の女王』の主題歌のもの。日本語吹き替え版では、歌手のMay J.と女優の松たか子が歌っている。
ちなみに、本文中に出てくる歌詞はディズニー映画『アナと雪の女王』の主題歌のもの。日本語吹き替え版では、歌手のMay J.と女優の松たか子が歌っている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る